現在の検索条件

カテゴリー

北海道の脱毛サロンの特徴とは?

北海道の脱毛サロンは、札幌市に集中しているのが特徴です。
なかでも中央区の札幌駅や大通駅付近が激戦区。大通駅は地下鉄の東西線、東豊線、南北線中心部で、地下歩行空間を10分程度歩くか地下鉄東豊線で1駅進むのみで札幌駅に到着します。

札幌では地下鉄やJRの各駅の近くに脱毛サロンや美容クリニックがあります。それは、地下鉄やJR駅を少し離れるとバスが移動手段となりますし、バスの本数も中心部から離れると急激に減ってしまうためです。

札幌市以外では、函館市や旭川市のように栄えている地域に脱毛サロンがありますが、店舗数は少なく通いにくいのが現状。
脱毛をしたいと考える人は、札幌の特に中心部である大通駅や札幌駅付近へ行くことが多くなるため、夜遅くまでやっているお店を選ぶのがポイント!

北海道の脱毛サロンは、札幌市に集中しているのが特徴です。 なかでも中央区の札幌駅や大通駅付近が激戦区。大通駅は地下鉄の東 北海道の脱毛サロンは、札幌市に集中しているのが特徴です。
なかでも中央区の札幌駅や大通駅付近が激戦区。大通駅は地下鉄の東西線、東豊線、南北線中心部で、地下歩行空間を10分程度歩くか地下鉄東豊線で1駅進むのみで札幌駅に到着します。

札幌では地下鉄やJRの各駅の近くに脱毛サロンや美容クリニックがあります。それは、地下鉄やJR駅を少し離れるとバスが移動手段となりますし、バスの本数も中心部から離れると急激に減ってしまうためです。

札幌市以外では、函館市や旭川市のように栄えている地域に脱毛サロンがありますが、店舗数は少なく通いにくいのが現状。
脱毛をしたいと考える人は、札幌の特に中心部である大通駅や札幌駅付近へ行くことが多くなるため、夜遅くまでやっているお店を選ぶのがポイント!
詳しく見る

カテゴリー

該当店舗数 85件中20件表示

未来型投資の北海道民は脱毛に興味あり!選び方のポイントは?

北海道全体の人口は528.1万人で、そのうち札幌市に住んでいる人は196.9万人。日本で4番目に人口の多い地域です。

脱毛サロンや美容クリニックの激戦区は、地下鉄三線が交わる「大通駅」、大通駅から1駅もしくは地下歩行空間を10分歩いて到着する「札幌駅」周辺です。

激戦区の中央区の人口は23.7万人と住んでいる人があまり多くないことから、通勤や通学の帰り、休日を使って激戦区にある脱毛サロンやクリニックへ通っていることが分かります。

通勤・通学のあとに通うのであれば、混み合う時間帯は平日の17時以降。効率よく通いたい人は、激戦区を避けて家の近くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ、平日の昼間や土日を選ぶのがオススメです。

また、「どのようなお金の使い方をしたいか」という調査では、北海道の女性は「未来投資型」の使い方を選び、美容やアンチエイジングといった自己投資をしたいと考える人が多い傾向にあるされています。

北海道全体で見ても男性より女性のほうが31万人多く、とくに札幌は18~39歳の若い世代の女性の比率が全国的に見ても高いため、美容に関心があり、お金を使いたいと考える人が多い理由にもうなずけるでしょう。

北海道全体の人口は528.1万人で、そのうち札幌市に住んでいる人は196.9万人。日本で4番目に人口の多い地域です。 北海道全体の人口は528.1万人で、そのうち札幌市に住んでいる人は196.9万人。日本で4番目に人口の多い地域です。

脱毛サロンや美容クリニックの激戦区は、地下鉄三線が交わる「大通駅」、大通駅から1駅もしくは地下歩行空間を10分歩いて到着する「札幌駅」周辺です。

激戦区の中央区の人口は23.7万人と住んでいる人があまり多くないことから、通勤や通学の帰り、休日を使って激戦区にある脱毛サロンやクリニックへ通っていることが分かります。

通勤・通学のあとに通うのであれば、混み合う時間帯は平日の17時以降。効率よく通いたい人は、激戦区を避けて家の近くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ、平日の昼間や土日を選ぶのがオススメです。

また、「どのようなお金の使い方をしたいか」という調査では、北海道の女性は「未来投資型」の使い方を選び、美容やアンチエイジングといった自己投資をしたいと考える人が多い傾向にあるされています。

北海道全体で見ても男性より女性のほうが31万人多く、とくに札幌は18~39歳の若い世代の女性の比率が全国的に見ても高いため、美容に関心があり、お金を使いたいと考える人が多い理由にもうなずけるでしょう。
詳しく見る

他のサロンから探す