脱毛するなら毛抜きは絶対NG!その理由とは?

脱毛するのであれば毛抜きによる自己処理は絶対にNGです!!

毛抜きによる自己処理はデメリットが多いことに加え、脱毛効果にも悪影響が出てきてしまうのです!

とはいえ、毛抜きがクセになっていてなかなかやめられない人も多いんじゃないでしょうか?

そんな人を納得させるべく、この記事では脱毛と毛抜きについて、デメリットやNGの理由を詳しく解説いたしましょう!

脱毛しなくてもNG!毛抜きの3つのデメリット

毛抜きを使ってムダ毛を処理すると、カミソリやシェーバーと違ってポツポツも目立ちませんし、自己処理の頻度も少なく済みます。

毛抜きで一本一本抜いていくのは手間ですが、実はほかにも大きなデメリットが3つあるのです。

  • 毛穴の汚れ
  • 毛嚢炎のリスク
  • 埋没毛のリスク

それぞれ細かく解説していきましょう。

毛穴が汚れる

毛抜きで毛を抜くと毛穴に何もない状態になるので、汚れや皮脂がたまります。

酸化した皮脂汚れは固くなってしまい、なかなかキレイに取り除くことが困難です。小鼻の皮脂づまりのようにプツプツと毛穴が目立ってしまうこともあります。

肌表面がボコボコになってしまい、せっかく毛がなくても、なめらかな肌には見えません。

毛嚢炎のリスク

毛嚢炎は肌の感染症のひとつで、毛穴の中や皮膚内部に細菌が感染して膿が溜まってしまう状態です。

毛嚢炎の原因であるブドウ球菌は毛穴だけでなく、皮膚の傷ついた部分からも侵入します。

毛抜きでの自己処理は毛穴周りの皮膚を傷つけるので、毛嚢炎を引き起こしやすい状態をつくってしまうのです。

毛嚢炎はニキビと違い、痛みはありませんが、毛の根元が白いまたは赤い吹き出物のようになるため見た目がよくありません。

膿が溜まっている部分が潰れて、まわりにさらに毛嚢炎が広がることもあります。

ひどい毛嚢炎だと、切開して中の膿を出すこともあるため、そうなってしまうと跡が残る場合もあります。

埋没毛のリスク

毛抜きでの自己処理を繰り返していると、その度に傷ついた角質がどんどん分厚くなって毛穴をふさぎ、生えてくる毛が肌表面に出られなくなってしまう埋没毛・埋もれ毛のリスクがあります。

皮膚の下で横向きにぐんぐん伸びていたり、くるんと丸まっている毛を見たことはありませんか?

皮膚への大きな悪影響はありませんが、見た目的な問題があります。

黒いぶつぶつがたくさんあるようにに見え、触った感じもザラザラぶつぶつします。

埋没毛を取り除こうと毛抜きなどでほじってしまうと、肌を傷つけることになり、さらに角質を厚くしたり、毛嚢炎を引き起こすことも。

色素沈着のリスク

毛抜きで何度も毛を抜いていると色素沈着に繋がる恐れがあります。

繰り返し毛を抜くことで肌はダメージを負います。肌は傷つくたびに修復しようとメラノサイトをというシミの現んいになる物質を多く生成してしまうのです。

美肌のために自己処理をしているのに、その自己処理が原因で色素沈着やシミを作ってしまうのは本末転倒ですよね。

また、色素沈着やシミをなくすのは、ときにムダ毛をなくすよりも時間も労力もお金もかかることも……。

脱毛前に毛を抜いてはいけない3つの理由

毛抜きによる自己処理のデメリットの次は、脱毛前に毛抜きによる自己処理がNGとされている3つの理由を紹介しましょう。

  • 脱毛効果の軽減
  • 毛周期が狂う
  • 炎症のリスク

それぞれ細かくみていきましょう。

脱毛効果が薄くなる

脱毛で使う光は黒いものに反応し、毛穴の中の毛母細胞という細胞にダメージを与えます。

つまり、毛を導線にして毛根にダメージを与えているのです。

つまり毛を抜いてしまうと、光を照射しても毛穴へ届かず脱毛効果が得られないのです!

毛周期が狂う

脱毛は毛が生え変わるサイクル=毛周期合わせて、繰り返し通うことで効果を出していくものですが、毛抜きで毛を抜くことで毛周期が乱れてしまいます。

毛周期に乱れが出てしまうと、脱毛サロンに通っていてもきちんと処理できる本数がずれ、結果的にすべての毛に脱毛効果が行き渡らないのです。

そうなると脱毛のスケージュールにも遅れが出るので、当初の予定よりも長くサロンに通うことに……。

炎症を起こすリスク

毛抜きで自己処理をして傷ついた肌が炎症や色素沈着を起こしていたり、毛嚢炎になっている場合は、その部分を避けて施術することになります。

脱毛は黒い色素に反応させるため、傷や色素沈着の部位に反応してしまうと、さらに炎症をこしてしまったり、色素沈着をひどくしてしまう恐れがあるからです。

せっかくお金を払って脱毛するのに、一部だけ毛が残ってしまうなんて絶対避けたいですよね……。

ムダ毛処理は毛抜きよりも脱毛がおすすめ!

自分だけの処理では気をつけていてもどうしても肌にダメージを与えてしまいます。

毛抜きは見た目はキレイになっていても、実はとても肌を傷つけ、肌の表面にダメージを与えてしまいやすい行為なのです。

肌ダメージにより、結果的にムダ毛以上に肌にコンプレックスを生むことになるかもしれません。

本当にスベスベの肌を求めているのであれば脱毛サロンやクリニックで処理することをおすすめします。

毛抜きユーザーにオススメしたい脱毛サロン3選

脱毛を受けたいけど、料金や痛みがネックになってなかなか手が出せない人は多いかと思います。

そんな人に向けて、今回は料金が安いサロンや、痛みが少ない脱毛サロンを3つピックアップしてご紹介いたします!

ディオーネ

ディオーネロゴ  口コミ総合 ★★★☆☆ 3.2
 4種の脱毛機で最適脱毛
 サロンページはこちら >>

ディオーネは肌への負担が少ない新しい脱毛ハイパースキン法を採用していて、3才から通うことができる脱毛サロンです。

日焼けしている肌にも施術できる脱毛のため、毛抜きによる自己処理で色素沈着など起こしている肌でも安心して脱毛可能です。

また肌ダメージが極端に少ないので、敏感肌の人でもOK!脱毛効果と同時に美肌効果も期待できちゃいますよ!

脱毛範囲 料金プラン
顔をのぞく全身 12回 360,000円
Sパーツから4部位+Lパーツから4部位 12回:198,000円

・全国どこでも通える!店舗数120以上
・施術時間が早い!最短30分
・肌本来の機能が蘇る「ハイパー光フェイシャル」
・お顔丸ごと脱毛体験3,000円!
・他店でNGのキワまで脱毛
・子供も安心して通える

銀座カラー

銀座カラーロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.7
 エステティシャンの高い技術力
 サロンページはこちら >>

毛抜きによる自己処理で肌ダメージが心配な肌には、銀座カラーの保湿マシンを使った美容成分をたっぷりミストシャワーがおすすめ。

脱毛自体も高い効果かつスピーディ、なのに価格はリーズナブルとあって、顧客満足度の高い脱毛サロンです。

銀座カラーでは2019年より全身脱毛専門の脱毛サロンとなったので、まずは部分脱毛を受けたいという人はご注意を。

脱毛範囲

料金プラン(税抜)

全身24ヶ所

全身脱毛コース

99,000円(6回)

・全身24ヶ所まるっと脱毛
・全身脱毛1回施術が90分で完了
・シェービングサービスあり
・当日キャンセル0円!
・24時間いつでも予約が可能
・50店舗以上で予約が取りやすい!

ストラッシュ

ストラッシュロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.9
 眉間の細い毛もしっかり処理
 サロンページはこちら >>

ストラッシュが導入しているSHR脱毛は新しい脱毛法で、毛周期に関係なく毛包内のバルジ領域という部分に施術するため、毛抜きを繰り返してきてしまった人にもおすすめです。

黒い色素に反応するわけではなく毛包内への施術のため、様々な状態の毛を余すことなく処理できます。

また、普通の脱毛サロンであれば2〜3か月に1回通うことになりますが、ストラッシュなら最短2週間に1回で通えるのも嬉しいポイントですね。

脱毛範囲 料金プラン
全身61ヶ所
顔・VIO含む
月額:7,980円〜
Sパーツ 12回:32,010円
Lパーツ 12回:96,030円

・顔・VIO含む全身脱毛が月額7,980円(税抜)
・「SHR脱毛」で高い脱毛効果と美肌効果
・痛みがなく、温かみを感じる程度
・産毛や日焼け肌にも効果抜群!
・シェービング代がかからない!
・全身脱毛61ヶ所が初月0円(2019年12月現在)

CHECK!

脱毛サロンをもっと比較したい人はこちら▼
【2019年最新】脱毛サロンおすすめ18選!人気のサロンはどこ?

毛抜きは百害あって一利なし!ムダ毛処理なら脱毛がおすすめ!

毛抜で起こるリスクは意外にもたくさんあります。

肌の見た目を整えるためにしたことがかえって、肌を傷つけ見た目にも影響を与えていることも。

肌のために、少し毛抜きによる自己処理を控えて肌を休ませてみませんか。

もしツルツル肌を求めているのであれば、脱毛サロンもぜひご検討くださいね!

関連記事