医療脱毛とは?クリニックとサロンの違いを徹底解説!

脱毛には脱毛サロンと医療脱毛がありますが、どちらを選んだらいいのか迷ってしまうこともあると思います。

初めは脱毛サロンを利用していても、最終的に医療脱毛に移るという方も珍しくありません。

この記事では、脱毛サロンと医療脱毛の違いを徹底的に比較し、医療脱毛の特徴や魅力を様々な方向からお伝えしていきます。

これから医療脱毛を受けたいと考えている方は、ぜひクリニック選びの参考にしてみて下さい。

おすすめの医療脱毛をみる

脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いは?

脱毛サロンと医療脱毛には、大きく分けて次の2つの違いがあります。

  • 料金
  • 脱毛完了までのスピード

比較的リーズナブルな料金プランが用意されている脱毛サロンに対し、医療脱毛はやや割高な設定となっていますが、そこにはきちんとした理由があります。

脱毛完了までのスピードにも関わりますが、「なぜ医療脱毛が高額設定なのか」、まずはその理由から説明しますね。

脱毛処理及び万が一のトラブルに対しても医療行為を行える医師がいる

医療脱毛はその名の通り「医療行為」を行えることが最大の特徴です。脱毛における医療行為とは、次の2点を指します。

  • 永久脱毛を目的に、出力の高い機器を使用して毛根から破壊をすること
  • 麻酔を使用することによる照射時の痛みへの対策が可能であること

上記の行為は医療脱毛クリニックのみが行えるもので、脱毛サロンがこれらの行為を行うことは、医師法第17条によって明確に禁止されています。

医師、歯科医師、看護師等の免許を有さない者による医業(歯科医業を含む。以下同じ。)は、医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条その他の関係法規によって禁止されている。
(引用:医師法第17条

さらに、ここで言う医業については、厚生労働省から通知された医政医発第105号で次のように定義されています。

エネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
(引用:医政医発第105号

メスを入れるような行為ではなくても、毛穴にある毛乳頭(毛の細胞)を破壊する行為も「医療行為」と定められているのです。

出力の高い機器により毛根を破壊する永久脱毛

医療行為が可能な医療脱毛クリニックでは、出力の高い「医療レーザー脱毛器」を使用して毛穴の中にある毛乳頭を破壊し、永久脱毛を可能にしています。

一方で脱毛サロンでは“体に損傷を与えない安全な範囲”での施術のみが行われることになっているので、永久脱毛はできません。

脱毛サロンが行えるのはあくまで、生えてくるムダ毛の量を「減らす」という行為にとどまります。

脱毛器による照射の痛みは麻酔で対策

脱毛効果が高い医療レーザー脱毛器ですが、その分肌への刺激も強い傾向があります。「毛乳頭を破壊する医療行為」と定義をされているので、痛みを伴うのは当然かもしれません。

「痛いなら脱毛サロンの方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、心配ありません。この痛みに対して医療脱毛クリニックでは、それぞれ対策を用意しています。

例えば、下記のような対策が挙げられます。

  • しっかりとクーリング(冷却)する
  • 照射をなるべくゆっくりと行う

それでも痛みに耐えられない…痛みにとっても弱い…そんな方のために、多くのクリニックでは「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」を用意しています。

麻酔を使用できるのも、医療機関だからこそ。痛みが心配な方は、カウンセリング時に「麻酔を希望する」と伝えてみましょう。

医療脱毛で使用される麻酔はそれほど強いものではないため、麻酔による副作用は心配ありません。

脱毛効果の高い機器が時短を可能に

脱毛効果の高い機器を使用していることにより、医療脱毛では、脱毛完了までの期間を短くすることが可能です。

一度の照射で毛周期の成長期にあたる毛乳頭の多くを破壊することができるので、少ない回数でしっかりと効果が期待できます。

部位によっても異なりますが、脱毛サロンの多くが完了までに2~3年かかるのに対し、医療脱毛では1年~1年半ほどで完了することがほとんどです。

医療脱毛のレーザー脱毛機

脱毛サロンの中には、自社で開発した脱毛機器を使用しているところも少なくありません。

それに対し、医療脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛機は、クリニックが厚生労働省に届け出を行なっているため、型番がしっかり管理されています。

医療レーザー脱毛機で有名なものは次の通りです。

脱毛機で有名なものは次の通りです。

機器名 特徴
アレキサンドライトレーザー
  • 痛みが弱く美肌にも効果がある
  • 産毛には効果がない
  • 医療脱毛クリニックで最も普及している
ダイオードレーザー
  • 痛みはほとんどなく肌に優しい
  • 産毛にも効果がある
  • 色素の薄い毛にも効果がある
ヤグレーザー
  • レーザー脱毛器の中で最も長い波長
  • 小斜面が小さいので顔やVIO向いている
  • 色黒の肌でも使用できる

クリニックによっては、2種類以上の脱毛器を導入しているところもあります。

そのようなクリニックなら、コースや回数だけでなく自分に合った脱毛機を選ぶこともできますね。

脱毛の革命!?最新医療脱毛器「メディオスターNeXT」がすごい!

先ほどご紹介した脱毛機は、毛穴の深い部分に存在する毛乳頭を破壊するという方法で永久脱毛を可能にしてきました。

ところが最近は、毛穴の深い部分ではなく、より表皮に近い「バルジ領域」をターゲットにした脱毛機器「メディオスターNeXT」を導入するクリニックも増えてきています。

メディオスターNeXTとは、毛根の栄養を送る発毛因子そのものを破壊することで、栄養供給をシャットアウトし、永久脱毛する機器です。

痛みがかなり軽減されるだけでなく、料金も安価になります。

まだ新しい機器なので、導入しているところも少なく、実績もあまりないことがデメリットですが、チェックしてみる価値はありますね。

CHECK!

メディオスターNeXTの詳細はこちら
痛くないレーザー脱毛器メディオスターNextproとは?

脱毛サロンと医療脱毛の料金や照射の回数を比較

具体的に脱毛サロンと医療脱毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

効果を感じられる平均的な回数や照射の頻度、金額など、多方面から両者を比較してみましょう。

効果が表れる平均的な回数

脱毛を受けて自己処理が不要になったと感じられるタイミングを「効果が表れる」と定義をして、平均的な回数を比較してみましょう。

部位 脱毛サロン 医療脱毛
全身 12 56
16 56
ワキ 12 56
VIO 12 56

回数が短いということは、脱毛完了までの期間も短いということ。

基本的に脱毛は年単位で考えていきますが、あまり長いとモチベーションの維持にも影響が出てきます。

「できれば短期間で終えられると嬉しい」というのが本音ですよね。

照射の頻度と最終的な期間

脱毛には、毛が生え変わる周期(毛周期)が関係しています。成長期の毛乳頭を破壊する医療脱毛と、ダメージを与えるだけの脱毛サロンとでは、照射頻度にも違いがあります。

毛周期は部位ごとに多少の差はありますが、大幅に異なるというわけではありません。大まかな目安は以下のようになっています。

サロンorクリニック 照射頻度 脱毛完了までの期間
脱毛サロン 13か月に1 3
医療脱毛 2回目…1か月半~2か月後

3回目…34か月後

4回目…46か月後

と徐々に間隔を空ける

1年半

 

部位別の平均的な金額

施術の部位によって料金の相場も異なります。

ここでは、大手のサロン(キレイモ、ミュゼ、銀座カラー、TBC、ジェイエステ)とクリニック(アリシアクリニック、リゼクリニック、湘南美容外科クリニック、レジーナクリニック、トイトイクリニック)のそれぞれから人気の部位「全身」「ワキ」「VIO」の価格をピックアップし、平均値を出しています。

部位 サロンorクリニック 相場
全身 脱毛サロン 166,275
医療脱毛クリニック 271,827
ワキ 脱毛サロン 14,250
医療脱毛クリニック 14,078
VIO 脱毛サロン 53,025
医療脱毛クリニック 78,169

※価格は全て税抜き

こうして見ると、やはり全体的に医療脱毛が高額設定となっていますが、ワキのように部位によっては差がないというケースもあるのがわかります。

キャンペーンを実施している場合には、上記の相場をかなり下回ることもあるので、気になるサロンやクリニックの公式サイトをチェックしてみましょう。

医療脱毛の流れ

医療脱毛を受けるまでの一般的な流れは次の通りです。初回の無料カウンセリングからの場合と、実際に施術を受けるまでの流れを示しました。

医療脱毛前日まで

初回の場合はまず、無料カウンセリングの申し込みを行いましょう。

2回目以降の場合はwebや電話で予約を入れます。脱毛箇所のシェービングを済ませておきましょう。

医療脱毛当日

初回の場合は、カウンセリングを受けます。毛の状態や脱毛の希望から、プランを決定します。(施術はカウンセリングと別の日になることもあります。)

2回目以降の場合は、予約の時間に照射を行います。ここでシェービングをしていないと、時間が足りなくなってしまったり、クリニックによっては施術ができないということもあるので注意が必要です。

医療脱毛施術後

次回の照射日を決めます。

施術後は肌がデリケートな状態になっているので、夏場は特に「日焼け」に注意してください。メイクはできるだけしないか、軽めにします。

入浴も控えた方がいいでしょう。施術当日はシャワーのみにし、保湿をしっかりして肌を守ってあげることが大切です。

脱毛クリニックの選び方は?

いざクリニックを決めようと思っても、どこのクリニックにすればいいのか迷ってしまいますよね。どんな点に着目してクリニックを選べばいいのか、そのポイントについてまとめました。

まずは価格で比べてみる

まずはやはり価格が大きなポイントとなるでしょう。

脱毛サロンと医療脱毛とで価格に差があることはお話しましたが、サロンやクリニックの間でも価格に差がありますよね。

脱毛は自由診療という区分で保険の適用外となるため、料金はクリニックごとに自由に設定できます。

そのため、高額なところからリーズナブルなところまでさまざまな価格設定となっているのです。

どのくらい出資することができるか、自分の経済状況に合わせたクリニック選びをすることが大切です。

また、キャンペーンを上手に活用することも選択肢の一つ。サロンの中には、初回登録時の部分脱毛の料金が数百円という破格の値段で提供しているところもあります。

クリニック部分脱毛であれば、千円代で受けられるところもありますよ。

店舗数の多さも重要

大手の脱毛サロンは店舗数の多さも魅力の一つ。

居住地や勤務地によって通いやすい店舗を選ぶことができ、引っ越しが生じた際もサロンの移動が可能になる場合が多いです。

医療脱毛も同様に、クリニックを選ぶ際にはその数も大きな判断材料です。

通いやすさはもちろんのこと、クリニック数が多ければ患者が集中しすぎないので比較的予約が取りやすくなります。

【参考】大手サロン、クリニックの店舗、院数は以下の通りです。(2019年11月現在)
■サロン

サロン名 店舗数
ミュゼ 179
銀座カラー 57
TBC 130
キレイモ 64

■クリニック

クリニック名 院数
レジーナクリニック 14
リゼクリニック 22
アリシアクリニック 18
湘南美容クリニック 83

照射テストを実施していれば受けてみる

無料で照射テストやパッチテストを実施しているクリニックもあります。

自分の肌に合った施術、照射パワーかどうかを判断できる機会なので、照射テストを実施していれば、受けてみることをお勧めします。

使用する脱毛機器の効果についても知ることができるメリットもありますよ。

照射テストを実施しているサロン、クリニックの一例

・銀座カラー
無料でパッチテストを実施しています。希望をする場合はカウンセリング予約時に併せて申し込みましょう。

・ジェイエステ
顔、胸、デリケートゾーンを除いた20部位から1部位を選び、無料で1ショットの脱毛が受けられます。希望をする場合はカウンセリング予約時に併せて申し込みましょう。

・アリシアクリニック
無料でパッチテストを実施しています。希望をする場合はカウンセリング予約時に併せて申し込みましょう。

・レジーナクリニック
初回のカウンセリング時に無料でテスト照射を受けることができます。ただし、店舗によっては受け付けていないところもあるので、希望をする場合はカウンセリング予約時に問い合わせて下さいね。

医療脱毛におけるリスクにはどんなものがある?

高い脱毛効果が期待できる医療脱毛ですが、気をつけたいこともあります。

高い効果が得られるということは、それだけ照射のパワーが強いということなので、それに伴って肌トラブルが起こるリスクも高まるということです。

リスクがあるからと言って、脱毛を諦める必要はありません。
大切なのは「リスクを恐れること」ではなく、「リスクに対する対策」を知っておくことです。

 起こり得る肌のトラブル

肌のトラブルとして考えられる症状は、次の通りです。

  • 赤み
  • むくみ
  • 火傷
  • 色素沈着

赤みやむくみは時間が経てば軽減していくかもしれません。

しかし、火傷はすぐに処置をしないと治りが遅くなったり、跡が残ってしまったりする可能性があります。

処置が遅い場合は、色素沈着にもつながるので要注意です。

色素沈着は、肌がシミのように黒ずんでしまう症状のことです。脱毛の照射で敏感になっている肌に、紫外線や摩擦などの刺激が加わり「メラニン色素」が生成されることが原因で起こります。

肌にトラブルが発生しても、医療脱毛ならすぐに対応可能

万が一、お肌にトラブルが発生しても、受診先が医療機関なら、お医者さんがすぐに対応してくれます。

自宅に戻ってからの自己処理で肌にトラブルが現れた場合でも、状況を把握してくれているクリニックなら適切な処置をしてくれるので心強いですよね。

黒ずみがある…日焼けが激しい…そんな方はまず相談

施術を受ける前の肌の状態にも気を付けておきましょう。極端に日焼けをしていたり、照射に影響を及ぼすような色素沈着がある場合は、照射をすることで火傷に繋がってしまう可能性もあります。

これはあくまで可能性ということ。自己判断はせず、事前のカウンセリングできちんと相談をして下さいね。

脱毛サロンより高額?医療脱毛の料金設定

医療脱毛クリニックで脱毛をすると決めたら、まず忘れずに確認したいのが料金設定について。

  • どんなサービスが含まれているのか
  • 支払方法はどのようになっているのか
  • 予約の変更やキャンセルに対して料金はかかるのか
  • 途中解約などの場合に返金制度はあるのか

上記に挙げた項目について、しっかりと確認をしましょう。高額だからこそ、勘違いや「聞いていなかった」という状況にはしたくないですよね。

多くのクリニックでは無料カウンセリングを実施しているので、後悔をしないためにも、まずはそこで料金設定について詳しく確認してみましょう。

部位別!おすすめの医療脱毛をご紹介

ここでは、本文中でお伝えしたポイントを踏まえて、オススメの脱毛サロンと医療脱毛クリニックを紹介します。

全身脱毛とワキ、VIOの部位ごとに紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全身脱毛がおすすめの医療脱毛クリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックには、顔、VIOを除く全身脱毛コース5回がとってもリーズナブル!

医療ローンを活用することで、月額数千円ほどの支払いで医療脱毛が受けられるのも嬉しいポイント。

東京以外のクリニック数が少ないため、エリアや時期によっては予約が集中してしまう可能性があります。

料金プラン

脱毛範囲

予約方法

全5回 198,000円

全身17か所

(顔・VIOを除く)

Web予約が可能

・全身脱毛が1回30分
・毛質、肌質に合わせた脱毛
・肌荒れした時のキャンセルが可能
・痛みが少ない医療脱毛
・えり足・背中・腰・Oラインの剃毛無料


レジーナクリニック

月々6,300円バナー

レジーナクリニックの最大の特徴は、全身脱毛が相場より安い価格設定であるところ!5回の施術で20万円以下というのはかなり良心的な価格設定です。

最短8ヶ月で全身脱毛を終えることが可能なところも嬉しいですよね。

医療脱毛の中ではクリニック数が少ないので、最寄りのクリニックが見つからない場合もあります。

料金プラン 脱毛範囲 予約方法
5回 189,000 全身26か所

(顔・VIOは含まない)

Web予約が可能

 

・全身脱毛が最短8ヶ月で完了できる
・平日は21時まで診療している
・お好みに合わせた脱毛プランがある
・託児所サービスがある
・痛みが少ない医療脱毛
・シェービング・麻酔が無料


ワキ脱毛のおすすめクリニック

湘南美容クリニック

VIO(LINEお友達登録)

美容皮膚科や美容歯科と幅広い分野で高品質の医療サービスを提供している湘南美容外科が、脱毛でも「美」を追求し、リピーター率90%を誇っています。

医療レーザー脱毛の中では低価格なのが、湘南美容外科の特徴です。両脇6回のコースが5,537円(税抜)というのは他に例がありません。

ただし、VIOコースの3回はお試しの回数であり、永久脱毛をするためには回数が必要になります。

料金プラン 脱毛範囲 予約方法
6回 5,537円(税抜) 両ワキ Web予約が可能

※公式サイトには税込価格で表示されています。

・全国78店舗展開!どこでも通える
・気軽に行ける!初診の予約が不要!
・男性脱毛も可能
・高い技術力とトップクラスの経験値
・多種多様な脱毛機で最適な施術!
・契約後の照射期限なし


VIO脱毛がおすすめのクリニック

トイトイクリニック

全身脱毛

原宿に店舗を構えるトイトイクリニックは、痛みを感じにくいと言われているレーザー脱毛器「ライトシェアデュエット」を使用しているクリニックです。

VIO脱毛は全身の中でもデリケートで痛みを感じやすい部位です。痛みを最小限に抑えた脱毛器の使用、かつ、相場よりも安い価格設定なので、VIO脱毛を考えている方にはおすすめです。

トイトイトイクリニックは、原宿院と池袋院の2院のみの展開となっているため、地方在住の人は通えないことが難点です。

料金プラン 脱毛範囲 予約方法
5回 55,000 VIO Web予約が可能

 

・医療脱毛お試し100円!(2020年3月時点)
・VIO医療脱毛Vライン1回トライアル500円(2020年3月時点)
・麻酔あり!施術前に伝えればOK!
・全身脱毛90分、VIO40分、ワキ5分!
・接客が丁寧で落ち着いた空間


医療脱毛は医療費控除の対象?脱毛後また生えてくることもある?よくある質問

医療脱毛は医療費控除の対象になる?
基本的には対象にはなりません。多毛症など「治療」を必要とするような場合も、毛根の処理はしない「除毛」は保険が適用されますが、レーザーや飲み薬による「脱毛」は保険適用外となります。参考:全国健康保険協会
施術後、日常生活は普段通りできるの?
入浴など日常生活は普段通りで問題ありません。ただし、炎症や色素沈着の恐れもあるので、治療期間中の日焼けには注意が必要です。
脱毛完了後にまた毛が再生することはある?
再生能力を失った毛穴から毛が生えることはありません。毛周期の休止期間にあたる毛穴が残っていた場合は、そこから毛が生えてくることか考えられます。
顔脱毛の場合、メイクはどうしますか?
施術前にメイクは落とします。術後はクリニックによって指示に差はありますが、メイクをして帰ることが可能なところが多いです。肌が敏感な状態になっているので、UVカット効果のある日焼け止めクリームやファンデーションを使用するといいでしょう。

ツルスベ肌を目指すなら、医療脱毛がおすすめ!

医療脱毛は脱毛サロンに比べると割高ですが、その分、効果の表れ方やスピードに差があることがわかりました。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、下記のような方は「医療脱毛」がオススメです。

  • できるだけ短い期間で脱毛を完了したい
  • 永久脱毛をしたい
  • 万が一のトラブルにも迅速に対応してもらえる環境がいい
  • 脱毛サロンに通っていたが再び毛が生えてきてしまった

ご自身に合ったクリニック選びの参考にしてみてください。ツルスベ肌を目指しましょう!

Megumi
Megumi

instagram


沖縄で育児真っ最中の母ちゃんwebライター。 海外一人旅や青春18きっぷの旅など奔放に過ごした独身時代を経て、妊娠・出産を経験した今、「お母さんだって美しくあるべき」を実感。 自分を含む世の中のお母さんたちが、女性として更に輝けるようにとの思いで情報発信をしています!

関連記事