Vライン脱毛ならどこがいい?サロン・クリニック選びのポイント

Vライン脱毛は、医療脱毛とサロン脱毛のどちらが良いのか悩みますよね。

医療脱毛かサロン脱毛のどちらがおすすめかは、料金や痛み、回数など個人によって異なります。

今回は、Vライン脱毛をする前に知っておきたい基本情報メリットや自己処理のリスク、サロン・クリニックの情報について紹介していきます。

ぜひこの記事を読んで、あなたにぴったりの脱毛クリニック・サロンを見つけてくださいね!

Vライン脱毛とは?

Vライン脱毛とは、いわゆるビキニラインの脱毛です。

Vライン・ビキニラインは、足の付け根からデリケートゾーンにかけてV字に切り込まれた部分のこと言いますよ。

Vラインをを脱毛することで、下着や水着を着る際にムダ毛がはみ出さず、美しく着られます!

Vラインは好みのデザインに整えることができる

Vライン脱毛は、デリケートゾーンの見た目を良くする目的もありますよ。

ここでは、Vラインの人気デザインを紹介していきます!

好きなデザインを選んで、好みの形に脱毛しておけば、友達や彼氏の前でも安心ですよね。

ぜひお気に入りのVラインのデザインを見つけてくださいね。

ナチュラル型

ナチュラル型は、今あるアンダーヘアを活かして、自然に整えるデザインです。

大きく手を加えませんが、Vラインからはみ出るムダ毛がなくなり、清潔な印象になりますよ!

本来のアンダーヘアを活かしたナチュラル型は、すでにベースが決まっているので、比較的簡単にチャレンジできます。

三角形型

三角形型は、下着からはみ出さない程度に、形良く三角形に整えるデザインです。

ナチュラル型と同じく、とても自然な仕上がりになりますよ!

大きめの三角形か、小さめの三角形かで印象が変わるので、自分の好みで選んでみてくださいね。

扇型

扇型は、三角形型の上部分に丸みを持たせたデザインです。

こちらも、見た目がナチュラルながら、しっかり整えられているので清潔感がありますよ!

扇型の曲線により、三角形型より女性らしい優しさを演出できますね。

タマゴ型(オパール型)

タマゴ型(オパール型)は、Vラインのムダ毛をタマゴのような楕円に整えるデザインです。

脱毛する店舗などによっては、オパール型と呼んでいるところもありますね。

Vラインをお洒落に見せたい女性から人気の高いデザインですよ!

I型(スクエア型)

I型(スクエア型)は、両サイドをなくし細長い長方形に整えるデザインです。

I型(スクエア型)なら、ハイレグカットの下着や水着を着る時も、毛がはみ出す心配がないですよ!

横幅を変えると、同じI型(スクエア型)でも印象が異なるので、希望のデザインを探してみてくださいね。

ハイジニーナ

ハイジニーナは、Vライン全体の毛をすべて処理することです。

臭いや蒸れも少なくなり、今後の肌ケアやムダ毛処理も楽になりますよ!

ただ、一度脱毛すると永久に生えてこない、あるいは生えてきても極少量なので、ハイジニーナにするのは抵抗があるという声も聞きますね。

Vラインを脱毛するメリット

ここからは、Vライン脱毛をするメリットを紹介していきます!

  • 臭いの原因をなくし衛生的に保てる
  • 水着や下着を着るときに気にしなくてもいい
  • Vラインの黒ずみや肌トラブルが軽減する

では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

臭いの原因をなくし衛生的に保てる

Vライン脱毛をすることで、デリケートゾーンを清潔に保てますよ。

デリケートゾーンは、生理やおりもの、汗などの湿気がこもりやすく、臭いをを気にする人も多いですね。

特に梅雨や夏の季節は、アンダーヘアが多いと湿気がたまり、菌が増殖しやすく肌荒れなどのリスクが高まります。

悪臭も菌によって発生します。そのため、ムダ毛を脱毛することで陰部の悪臭の原因を排除でき、デリケートゾーンを衛生的に保てますよ!

水着や下着を着るときに気にしなくてもいい

Vライン脱毛をすれば、水着を着るときやおしゃれな下着を履くときも、ムダ毛を気にしなくてOKです。

Vラインの毛量が多い人は、水着や下着からムダ毛がはみ出してしまい、恥ずかしい思いをしたことがあるかもしれません。

Vラインを一度脱毛してしまえば、こまめにムダ毛処理する必要がなくなりますよ。

ムダ毛を気にせず、いつでも水着や下着を楽しめますね。

Vラインの黒ずみや肌トラブルが軽減する

Vライン脱毛をすると、デリケートゾーンの肌トラブルが軽減しますよ!

Vラインの黒ずみや肌荒れは、間違った自己処理で肌が傷つくことで起こることがありますね。

Vラインを脱毛すれば、自己処理の頻度が減るので、肌への刺激も少なくなります。

そのため、Vラインを脱毛することで、肌トラブルも軽減することができますよ。

Vラインの自己処理によるリスク、デメリット


ここでは、Vラインを自己処理するリスクについて書いていきます。

  • 肌荒れ
  • 肌の黒ずみ

Vラインのムダ毛を自己処理するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

肌荒れ

Vラインの自己処理は、肌荒れのリスクを高めます。

デリケートゾーンの肌は、とても薄くて敏感です。他の部位に比べて、ダメージを受けやすく肌トラブルを起こしやすくなっています。

自己処理によって肌にダメージが加えられると、皮膚のバリア機能が低下して肌の水分が減少し乾燥します。

ただでさえ敏感なVラインなのに、自己処理によってカサカサで弱くなった皮膚は、さらに荒れやすくなってしまいますよ!

せっかくムダ毛を手入れしてキレイになるはずが、却って悩みを増やしてしまっては、本末転倒ですよね。

肌の黒ずみ

Vラインを自己処理すると、肌の黒ずみの原因になります。

特に、自己処理でカミソリを使用する方は要注意!カミソリの刃が肌を傷つけると、ダメージを受けた肌がなかなか回復せず、次第に黒ずみになってしまいますよ。

肌トラブル同様、せっかくVラインのムダ毛を処理するのに、別の悩みが増えてしまったら意味がないですよね。

Vラインの自己処理には、黒ずみのリスクがあることを頭に入れておきましょう。

Vライン脱毛はサロン・クリニックで安全に脱毛しよう

Vラインの自己処理のリスクを考えると、やはりプロの手で脱毛できるクリニックやサロンを利用するのがおすすめですね。

ここからは、脱毛クリニックやサロンの料金や回数の目安を比較していきますよ!

クリニックやサロンを選ぶ際にはプランや料金、スタッフのレベル、仕上がり具合、予約の取りやすさなどを基準に、あなたに合うか考えてみてくださいね。

産毛程度まで残したいなら

Vライン全体の毛をなくすのではなく、産毛程度残す場合の目安はクリニックとサロンで異なります。

クリニック(医療脱毛) 脱毛サロン(光脱毛)
5~8回程度 6~12回程度

では、クリニックとサロンでVラインを産毛程度残す場合の回数と料金を比較していきます!

クリニック 料金(税抜)
湘南美容外科 53,700円(6回)
リゼクリニック 55,800円(5回)
アリシアクリニック 96,000円(5回)

※公式サイトが税込表記のものもあります。

サロン 料金(税抜)
キレイモ 114,000円(6回)
ディオーネ 57,000円 (6回)
ミュゼ 110,400円(6回)

※キレイモ:全身脱毛

ツルツルにしたいなら

次に、完全に毛をなくすハイジニーナの目安の回数を紹介していきます。

クリニックの場合、永久脱毛になるので一生生えてこなくても問題ないか、しっかりと考えてから決めるのをおすすめしますよ!

クリニック(医療脱毛) 脱毛サロン(光脱毛)
6回から10回程度 15回から20回程度

クリニックとサロンでツルツルにする場合の回数と料金の目安は、こんな感じです。

クリニック 料金(税抜)
湘南美容外科 53,700円 (6回)
リゼクリニック 64,600円  (6回)
アリシアクリニック 139,200円(8回)

※公式サイトが税込表記のものもあります。

サロン 料金(税抜)
キレイモ 324,074円(通い放題)
ディオーネ 150,000円(15回)
ミュゼ 276,000円(15回)

※キレイモ:全身脱毛完了までの永久保証付きスペシャルプラン

Vライン脱毛をサロン・クリニックで行うデメリット

ここからは、Vライン脱毛をサロンやクリニックで行うデメリットについて書いていきます。

サロンやクリニックでのVライン脱毛は、ムダ毛処理の回数が減ったり見た目が綺麗になったりするなどメリットが多いです。

一方で、人によってはデメリットと感じることもあるので注意しましょう!

  • 恥ずかしい
  • 施術中の痛み

Vライン脱毛のデメリットまでしっかり把握して、納得してから脱毛を始めてくださいね。

恥ずかしい

初めて脱毛をする人は、デリケートゾーンを人に見られるのが恥ずかしいという声も多いですね。

デリケートゾーンを見られるのが嫌で、なかなか脱毛に踏み切れない人がいるのも事実です。

しかし最近は、ほとんどのサロンやクリニックで紙パンツが準備されています。

紙パンツをずらしながら施術を行うので、それほど恥ずかしい思いをしないように工夫されていますよ!

もし、恥ずかしくてVラインの脱毛に迷っている人がいたら、どのようにVライン脱毛を行うのか、カウンセリングの時に確認しておくと良いでしょう。

施術中の痛み

太い毛が生えているVラインの脱毛は、程度の差はありますが痛みを伴います。

特に、医療脱毛の痛みが強いと言われています。

しかし、最近のクリニックでは麻酔をするが多く、痛みはあまり気にならないですよ!

クリニックによっては麻酔をしない場合もあるので、痛みが心配な人は事前にカウンセリングで確認すると良いですね。

またサロンの光脱毛は、医療脱毛に比べて痛みが少ないので、サロンでの脱毛を検討するのもおすすめですよ。

CHECK!

▼Vライン脱毛の痛みについて詳しくはこちら!
VIO脱毛の痛みの原因と軽くする方法

Vライン脱毛ならサロン?クリニック?

Vラインの脱毛を行うのは、サロンとクリニックどちらが良いのか悩みますよね。

永久脱毛をしたいならクリニックがおすすめですが、サロンでも回数を増やせば永久脱毛の効果に近付けることができますよ!

  • 料金を抑えたい・痛みに不安がある・エステも一緒に受けたい
    → サロン
  • 短期間・医師の診断を受けたい
    → クリニック

サロンとクリニックがそれぞれどんな人に向いているのか、詳しく見ていきましょう。

料金を抑えたい・痛みに不安がある・エステも一緒に受けたいならサロン

脱毛サロンは、クリニックよりも1回あたりの脱毛料金が低く設定されているので、まずは脱毛を始めてみたい人におすすめです。

また、痛みに不安がある人や、エステも一緒に受けて美しくなりたいという人にもサロン脱毛が適していますよ。

自己処理では肌トラブルのリスクがありますが、サロンであればプロの手によって脱毛ができるので安心です。

サロンによって様々なプランやキャンペーンを行っているので、カウンセリングだけでも行く価値はありますね。

CHECK!

▼脱毛サロンのVライン脱毛について詳しく見てみる
脱毛サロンのVIO脱毛。その種類とメリットとは?

短期間・医師の診断を受けたいならクリニック

クリニックでは、まだまだサロンより1回あたりの価格は高いですが、脱毛の効果は確実です。

そのため、脱毛の効果を早く感じたい人や、永久脱毛をしたい人に医療脱毛はおすすめです。

医療機関なので、万が一肌にトラブルが起きた際にも、その場で医師による診断が受けられて安心ですよ。

レーザーの強さや痛みなど、不安がある人ははまずカウンセリングに行って相談してみましょう。

CHECK!

▼クリニックのVライン脱毛について詳しく見てみる
VIO脱毛するなら医療脱毛?サロン脱毛?

Vライン脱毛がおすすめの脱毛サロン3選

ここからは、Vライン脱毛をするのにおすすめの脱毛サロンを紹介します!

料金や施術の痛みなどを考え、よりVライン脱毛に最適な脱毛サロンを選びましたよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ミュゼ

ミュゼロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.1
 キャンペーン利用でお得脱毛
 サロンページはこちら >>

安定した人気のある「ミュゼプラチナム」。

Vラインについても、両ワキと一緒にお試しができて100円のプランがありますよ!
他サロンと比べてもかなり安いので、脱毛初心者でも気軽にチャレンジできます。

ただし、100円プランは6回のため、両ワキのみで使い切ってしまうことがほとんどです。
どちらも試すのであれば、効果を実感できない可能性も高いので注意しましょう。

脱毛範囲 料金(税抜)
両ワキ+Vライン 100円(6回)
VIO 110,400円(6回)

・肌にやさしい「S.S.C.方式」
・圧倒的部分脱毛がお得!
・高速脱毛機!脱毛スピードが従来の2倍
・全身脱毛コースが2回分240円(2019年10月現在)
・美肌トリートメント効果あり

CHECK!

▼ミュゼのVライン脱毛について詳しくはこちら!
ミュゼのVIO脱毛コースまとめ|料金や回数・口コミ・痛みを徹底調査

ディオーネ

ディオーネロゴ  口コミ総合 ★★★☆☆ 3.2
 4種の脱毛機で最適脱毛
 サロンページはこちら >>


ディオーネは、ハイパースキン脱毛を行っていて、サロン脱毛の中でもさらに痛みが少ないのが特徴です。

照射する光も38度と低く、肌への負担が少ないですよ!

プランも仕上がりによって、ハイジニーナと少し残して整えたい場合で選べます。

Vラインの痛みが心配な人や肌をいたわって脱毛したい人に、おすすめの脱毛サロンですね。

脱毛範囲 料金(税抜)
VIO全体 72,000円 (6回)

120,000円(12回)

VIOの希望の形を残して処理 57,000円(6回)

96,000円(12回)

・全国どこでも通える!店舗数120以上
・施術時間が早い!最短30分
・肌本来の機能が蘇る「ハイパー光フェイシャル」
・お顔丸ごと脱毛体験3,000円!
・他店でNGのキワまで脱毛
・子供も安心して通える

CHECK!

▼ディオーネのVライン脱毛について詳しくはこちら!
ディオーネのVIO脱毛の痛みは?脱毛効果や料金プランについて調査!

キレイモ

キレイモロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.2
 全身脱毛ならダントツ!
 サロンページはこちら >>

キレイモは全身脱毛専門サロン。

もし、Vラインの脱毛をした後に他の部位の脱毛を考えているなら、全身脱毛を考えてみるのもおすすめです。

なぜなら、脱毛は2~3箇所以上施術すると、サロンによっては全身脱毛のほうが安くなるからですね。

ただ、キレイモには部位脱毛プランはないため、VIOのみの施術希望の人にはおすすめできません。

脱毛範囲 料金(税抜)
顔・VIO含む全身 114,000円(6回)

324,074円(通い放題)

・全身脱毛ならダントツ!
・全身33ヶ所!顔・VIO含むまるごと脱毛
・1回の来店90分で全箇所脱毛!
・お手入れ後の仕上げに選べる保湿ローション
・毎月定額9,500円(税抜)(2019年10月現在)
・さらに全身脱毛初回分無料(2019年10月現在)

CHECK!

▼キレイモの全身脱毛について詳しくはこちら!
キレイモの全身脱毛って実際どう?料金や効果・回数、口コミを徹底検証!

Vライン脱毛がおすすめのクリニック3選

続いて、Vライン脱毛におすすめのクリニックを紹介していきますね!

クリニックでの脱毛は割高ですが、お試しキャンペーンなどを利用すればお得に脱毛できますよ。

アリシアクリニック

アリシアロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 丁寧な接客で満足な施術
 クリニックページはこちら >>

アリシアクリニックでは、VIO全体の施術のほか、Vラインだけの脱毛も可能です。

女性専用院なので、リラックスして脱毛できるのも魅力。

割引制度も充実しているので、お得に医療レーザー脱毛を受けたい人におすすめですよ。

脱毛範囲 料金(税抜)
Vライン 96,000円  (5回)

139,200円(8回)

 

・全身脱毛体験2,890円(税抜)(2019年10月時点)
・毛質、肌質に合わせた脱毛
・肌荒れした時のキャンセルが可能
・痛みが少ない医療脱毛
・シェービング・麻酔が無料


湘南美容外科クリニック

湘南美容クリニックロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 格安の医療脱毛
 クリニックページはこちら >>

湘南美容外科クリニックは、医療脱毛がお得な料金で受けられますよ!

VIOコースには3回のプランもあるので、とりあえず試してみるのもありですね。

ただし、VIOコースの3回はあくまでもお試しの回数であり、永久脱毛をするためには、もう少し回数が必要になりますよ。

脱毛範囲 料金(税抜)
VIO 27,591円(3回)

53,700円(6回)

※公式サイトには税込価格で表示されています。

・全国78店舗展開!どこでも通える
・気軽に行ける!初診の予約が不要!
・男性脱毛も可能
・高い技術力とトップクラスの経験値
・多種多様な脱毛機で最適な施術!
・契約後の照射期限なし


リゼクリニック

リゼクリニックロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 2回目で感じる効果!
 クリニックページはこちら >>


とりあえずVライン脱毛を試してみたい!という人に最適なのが、リゼクリニック。

リゼクリニックでは、一部の院で「トライアルプラン」を実施しています。

医療VIO脱毛を格安で受けられるため、とても人気のコースですよ!

ただ、通常料金だとVIOは少し高めだと言えます。

脱毛範囲 料金(税抜)
VIO 49,800円(トライアル5回)

92,800円(通常5回)

・芸能人多数利用
・シェービング料・キャンセル料・打ち漏れ再照射が0円!
・肌トラブルの治療代など完全無料保証
・セットプランが豊富!気になる部位を集中脱毛
・学割20%OFF
・のりかえ割10%OFF
・ペア割最大10%OFF

CHECK!

▼リゼクリニックのVライン脱毛について詳しくはこちら!
リゼクリニックのVIOの効果ってどうなの?体験者の口コミを徹底調査!

Vラインの脱毛で「恥ずかしくない私」に!

Vライン脱毛するのをサロンかクリニックか選ぶ際には、プランと料金の内容、スタッフの対応、通いやすさで決めてみると良いですね。

医療脱毛でもサロン脱毛でも、プロによる施術なので、どちらも最終的には納得できる効果が期待できます。

カウンセリングで見積もりだけ出すことも可能なので、まずは気になったクリニックやサロンに足を運んでみるのもおすすめですよ!

関連記事