VIO脱毛の回数・期間は?脱毛サロンと医療脱毛クリニックの効果を比較

VIO脱毛は、どれくらいの回数を通えばいいのか気になりますよね。

今回は、VIO脱毛の回数について解説していきます。

同じVIO脱毛でも、脱毛サロンと医療脱毛クリニックでは回数ごとの効果が異なりますよ!

これからVIO脱毛を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

VIO脱毛の回数はどれくらい?

忙しい毎日を送る中で頻繁に脱毛店へ通うのが難しく、スケジュール合わせも大変かと思います。費用が高くても、できれば少ない回数でより効果的に脱毛をしたいと思う方は医療脱毛での脱毛がおすすめです。

医療脱毛でVIO脱毛を行う場合、個人差はありますが6回から10回程度通うことになります。

一方、頻繁に通うことに抵抗がなく費用を抑えて脱毛したいという方は、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

脱毛サロンでVIO脱毛を行う場合、こちらも個人差はありますが18回程度通うことになります。

ここからはなぜ脱毛店によって回数が異なるのか、二つの特徴について紹介していきます。

医療脱毛の場合

医療脱毛の特徴として、高出力の医療レーザーを用いて比較的短い期間で脱毛を行います。また、医療脱毛は美容整形などと同じく自由診察の範囲内で行われる治療のため保険適用外となります。

費用は高くつきますが、効果、時間短縮、のほかにも万が一のトラブルに対して専門の医師免許を持ったスタッフによるケアなど、メリットも多く医療脱毛を選ぶ方も少なくありません。

医療脱毛でVIOを永久脱毛する場合、かかる期間は個人差がありますが一般的に6回から10回程度の施術が必要で1年から1年半ほどの期間を要します。

また、費用は一か所一回15,000円から20,000円程度が相場です。

サロン脱毛の場合

脱毛サロンの特徴として、医療脱毛とは違い出力の弱いレーザーを用いて光脱毛を用います。

そのため脱毛までの時間は医療脱毛と比べると長いものになりますが、その反面、肌の弱い方などには適している脱毛方法となります。

またサービスが安価に提供されていることのほかに、脱毛サロンは多店舗で経営しているケースが多くあり、職場に近い店舗、自宅に近い店舗など通いやすい場所を選択できるのもメリットとなっています。

脱毛サロンでのVIO脱毛は、個人差はありますが、処置回数にすると18回程度の施術が必要で、2年から3年以上の期間を要します。

また費用は一回10,000円から15,000円程度の相場となっておりサロンによって料金が変わります。

部位ごとに違う!VIO脱毛の回数目安

VIO脱毛はVライン、Iライン、Oラインそれぞれの部位で脱毛にかかる回数は違ってきます。なぜなら毛の硬さ、量、肌によって脱毛にかかる回数は変わってくるからです。

ここではVライン、Iライン、Oラインそれぞれの脱毛にかかる回数の目安をご紹介します。

Vライン

自然に毛を残す 完全に毛をなくす
サロン脱毛 3回から5回 18回以上
医療脱毛 1回から3回 6回以上

脱毛サロンの場合では、自然に見えるよう毛を残す状態にするまでに3回から5回、期間にして10か月程度の期間を要します。

完全脱毛するまでには、18回程度、期間にして3年程度かかります。
医療脱毛の場合では、自然に見えるよう毛を残す状態にするまでに1回から3回程度、期間にして半年程度かかります。

また完全脱毛するまでには、6回程度、期間にして1年程度となっています。

Iライン

完全に毛をなくす
サロン脱毛 18回以上
医療脱毛 8回から10回

Iラインの脱毛では、自然に毛を残すという方は少なく、完全脱毛を希望される方が多く見られます。

脱毛サロンの場合、完全脱毛をするまでに18回程度、3年から4年以上の期間を要します。

医療脱毛の場合、同じく完全脱毛をするまでに8回から10回以上1年半から2年程度の期間が必要となります。

Oライン

完全に毛をなくす
サロン脱毛 18回以上
医療脱毛 8回から10回

Oラインの脱毛も、Iライン同様に完全脱毛するという方がほとんどです。

個人差はありますが、Oラインでは黒ずみや、色素沈着が見られるケースが多く、回数が人によって大きくバラけることがありますが一般的にはIライン同様8回から10回程度となっています。

回数には個人差がある場合も

ここまでVIO脱毛の回数や期間について紹介してきましたが、どの部位においても効果には個人差があります。

簡単に施術が終わるという方もいれば、なかなか脱毛が完了しないという方もいるのです。

脱毛回数や期間に個人差が出るのには一定の特徴があります。
これらの特徴は、サロンのカウンセリングで知ることができますので、期間については事前にある程度知ることが可能ですが、自身でも事前にチェックしておくことも可能です。

ここでは脱毛における個人差の理由について紹介します。

黒ずみや色素沈着

現在、医療脱毛においても、脱毛サロンにおいても、最も主流な脱毛方法は光を使った脱毛です。

ここで使われる光は黒い色素であるメラニン色素に反応し刺激を与えるする作用があります。毛を生やす細胞は黒いメラニン色素が含まれているため、その光によって細胞を壊すのが脱毛の仕組みです。

肌にも黒ずみがあると、毛を生やす細胞だけでなく肌へもダメージを与えてしまう可能性があります。

肌へダメージを与えないために照射する力を弱めると、脱毛効果が落ちてしまい、結果的に脱毛する回数が伸びてしまうのです。黒ずみは生活習慣や、遺伝によって生まれるため個人差があります。

肌の状態

肌の状態も脱毛の効果に影響があります。

人の肌は乾燥していると、外からのバリア機能が低下し、肌が敏感になってしまいます。

肌が敏感になってしまうと、肌へダメージを与えてしまう可能性があり、実際の施術の際に痛みを感じることがあります。

そのため、肌が乾燥している場合照射する力を弱めなくてはなりません。

この場合でも照射する力を弱めてしまうと脱毛効果も落ちますので、脱毛の回数が伸びてしまいます。

また気候や季節、生理などによってもお肌の状態は大きく変化します。

今状態が良くても通っているうちに変化する場合もありますので予定していた期間が延びてしまうこともあります。

毛周期・毛質・毛量

毛が太い方や、毛量が多い方は脱毛にかかる期間が延びてしまいます。

また目で見て分からないものですが、体毛にはすべて「毛周期」という周期があり、生え変わりのサイクルがあります。

  • 毛が成長する「成長期」
  • 毛が抜け始める「退行期」
  • どの活動も止まる「休止期」

脱毛を行う際にはこの中でも「成長期」の毛に対してしか効果がありません。

脱毛期間に何度も通わなければならないのはこの「成長期」を待つためなのです。

毛周期にも個人差があるため、脱毛にかかる期間にも個人差が生まれてしまうのです。

おすすめVIO脱毛クリニック・サロン

VIOを施術できる脱毛クリニックやサロンはたくさんありますが、その中でも特にVIOに力を入れているクリニック・サロンをご紹介します。

アリシアクリニック

アリシアロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 丁寧な接客で満足な施術
 クリニックページはこちら >>

CMなどでも話題のアリシアクリニック。
アリシアクリニックには、VIOについても脱毛し放題プランがあります。

医療脱毛を回数を気にせず受けられるのはとても魅力的なポイントです。

ただ安いビューティプランの場合脱毛できる範囲が限定されているため、しっかりと脱毛したい人はスムースを選ぶしかありません。そうなると若干料金も高くなるので、気を付けましょう。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
VIOセット
・157,500円(5回)
・230,400円(8回
VIO Web予約が可能

・全身脱毛体験2,890円(税抜)(2019年10月時点)
・毛質、肌質に合わせた脱毛
・肌荒れした時のキャンセルが可能
・痛みが少ない医療脱毛
・シェービング・麻酔が無料

ミュゼプラチナム

ミュゼロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.1
 キャンペーン利用でお得脱毛
 サロンページはこちら >>

ミュゼは痛みの少ないSSC方式という脱毛方法を採用しています。
両ワキ+Vラインで6回100円という初回限定キャンペーンを行っているので、1回をVラインに使って体験してみるのもいいかもしれません。
専用アプリダウンロードで半額になるキャンペーンも実施しているため、お得に脱毛したい人にはおすすめ。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約方法
ハイジニーナ7
・15,000円(1回)
・30,000円(4回)※
・45,000円(6回)※
VIO+トライアングル上・トライアングル下・へそ下・Vライン上 ・電話予約
・アプリ
・会員サイト

※上記の価格は、アプリダウンロード後のキャンペーン価格になります。

・肌にやさしい「S.S.C.方式」
・圧倒的部分脱毛がお得!
・高速脱毛機!脱毛スピードが従来の2倍
・全身脱毛コースが2回分240円(2019年10月現在)
・美肌トリートメント効果あり

VIO脱毛の回数や期間を知り、計画的に脱毛しよう!

VIOラインのセルフケアは難しく、脱毛店に処理を頼むという方が多くいます。
その中で、脱毛を実際にした方の「痛かった」「恥ずかしかった」などの声もあります。ただ、脱毛店によっては、それらの問題にしっかりと対策している脱毛店もあるので、実際にVIO脱毛を受ける際には値段や効果だけでなく、どのような脱毛店か調べておくことも大切です。

関連記事