VIO脱毛は痛い?痛みを抑える方法と「痛くない脱毛サロン」を紹介!

VIO脱毛の口コミなどを見ているとよく話題に上がるのが、「施術時の痛み」について。

毛が太いVIOの脱毛は痛みが強い上、デリケートなゾーンだということもあり、不安になる人も多いのではないでしょうか。

気になって調べてみても、「痛みには個人差がある」くらいしか書かれていないこともしばしば……。

実際に、VIO脱毛はどの程度痛みを感じ、どうすればその痛みを軽減できるのでしょうか?

今回は、VIOライン脱毛の痛みの原因と、痛みを和らげる方法について詳しく解説していきます。これからVIOライン脱毛を考えている方はぜひ参考にしてください。

VIO脱毛はなぜ痛いの?

まず前提として、脱毛は肌や毛根に刺激を与える行為です。
そのため身体へのダメージはゼロではありません。
またVIOラインはデリケートゾーンのため、ほかの部位と比べて痛みは強いということを知っておきましょう。
VIO脱毛における痛みの原因となるのがどのようなものか代表的なものを挙げてみましょう。

VIOラインは色素が濃い

VIO脱毛の痛みの原因に、脱毛に使われる光やレーザーの仕組みが挙げられます。
この光やレーザーは黒い部分だけを熱するという性質があります。
VIO脱毛の対象となるデリケートゾーンは、ほかの部位と比べ色素沈着やシミができていることが多く、光やレーザーが肌に反応してしまうことが多いのです。
特に日本人の肌は黒い色素が残りやすく、VIO脱毛の際に痛みを感じてしまう人がほとんどです。

VIOラインの毛は太くて密集している

VIO脱毛の痛みの原因に、デリケートゾーンに生えている毛は太くて密集してことが挙げられます。
太い毛には脱毛処理する際、熱が集中しやすくなるため熱さや痛みを感じやすくなっています。
さらにそれらは密集して生えているため、同じ部位に集中して光やレーザーを照射することになるので、ほかの部位と比べ強い痛みを感じてしまうのです。

VIOラインは脂肪が少なく皮膚が柔らかい

VIO脱毛の痛みの原因に、VIO脱毛を行う部位であるデリケートゾーンには脂肪がほとんどついておらず、皮膚が薄くて柔らかいことが挙げられます。
皮膚そのものが弱くて敏感な部位であるため、場合によってはあまり強い出力での脱毛でなくでも、すぐに痛みを感じてしまうことがあるのです。
皮膚が薄く柔らかいということは、それだけ炎症などが起きやすくなっています。
施術後は、しっかりと保湿や、軟膏を塗るなどのケアをしておくことが大切です。

VIOラインは骨に近い

VIOの痛みの原因に、VIO脱毛を行うデリケートゾーンはムダ毛が生えている表面と骨との距離が近いことが挙げられます。
脱毛の際に照射される光やレーザーは体内の骨にも刺激を与えてしまうことがあり、デリケートゾーンは骨からの痛みを感じてしまうことがあるのです。
特に体系が痩せていて骨ばっている方は痛みを感じやすい傾向があります。

VIOは部位ごとに痛みが違う

VIO脱毛は、Vライン・Iライン・Oラインと脱毛をする部位によって痛みの度合いは異なってきます。
それぞれの部位ごとにどれくらいの痛みがあるのか、痛みの特徴について解説していきます。

Vラインの場合

Vラインの脱毛を行う場合、ほかのIライン・Oラインと比べて痛みは少ないです。
しかし1回あたりの痛みは、強くありませんが、ムダ毛の量が多く面積も広いため、光やレーザーを照射する回数が多くなってしまう傾向があります。
そのためVラインの脱毛を受ける際は、軽い痛みを継続的に感じることになるとと考えておきましょう。

Iラインの場合

Iラインの脱毛をするのが、3つの部位の中で最も痛みを感じるとされています。
痛みの原因としては、以下の通りです。
Vラインの次に毛量が多く照射面積が広い
皮膚が薄くて柔らかい
粘膜も脱毛する
神経が密集している
毛が太い
ほかの部位よりも鋭い痛みを感じる場合が多く、声を上げそうになってしまう人もいます。
デリケートな部位である以上、ある程度痛みを感じるので、痛みを軽減させるような施術を受けることが大切です。

Oラインの場合

Oラインの脱毛をする場合、Iラインほどではありませんが、比較的痛みを感じやすい部位となります。
こちらも皮膚が薄くてデリケートな部位であるため、脱毛処理の刺激を敏感に感じてしまうことがあるのです。
しかし、VラインやIラインと比べると照射する面積が少なく、毛の量も少ないので、ほかの2部位ほど施術に時間がかからないため、苦痛を感じる時間も短くなります。
そのためVIOの脱毛で一番痛くなかったという感想を持つ方も少なくありません。

なるべく痛みを感じないVIO脱毛なら光脱毛

ここまでで、VIOラインの痛みについて解説してきました。
これらの痛みは光脱毛の場合レーザー脱毛に比べて、大幅に軽減することができます。
VIO脱毛の際に、できるだけ痛みを感じたくないという方は光脱毛を選択することをおすすめします。
ここではなぜ光脱毛と医療レーザー脱毛では施術の際に感じる痛みが違うのかについて比較して解説していきます。

光脱毛とレーザー脱毛の出力の違い

医療脱毛で施術されるレーザー脱毛はサロンで施術される光脱毛を比較すると、光の出力が強く、短期間で脱毛効果を得ることができます。
しかし、出力が高いということはそれだけ皮膚に与える刺激も強いということになるのです。
実際にこのレーザー脱毛や光脱毛で、毛根に与える瞬間温度は以下の通りです。

  • レーザー脱毛の場合―約200℃
  • 光脱毛の場合―約70℃

そのため、光脱毛では軽い痛みしか感じない人であっても、レーザー脱毛になると針で刺されたような強い痛みを感じることがあります。

光脱毛の種類

光脱毛には以下の三種類があります。

  • IPL脱毛(インテンスパルスライト脱毛)
  • SSC脱毛(スムース・スキン・コントロール脱毛)
  • SHR脱毛(スーパーヘアリムーバル脱毛)

これらの脱毛にはそれぞれ特徴があり感じる痛みの度合いも変わってきます。

IPL脱毛

最も多くの脱毛サロンで使用されているのが「IPL脱毛」になります。
この方法は普及率が高く、実績も最も多いため、多くの方が施術を受けている光脱毛方法です。
実際に導入しているメジャーなサロンは「キレイモ」や「銀座カラー」などが挙げられます。
またIPL脱毛の特徴として肌を活性化させ、美肌効果あることと、一度に広範囲の脱毛が可能ということが挙げられます。
またデメリットとしてほかと比べ多少痛みが強くなってしまうことが挙げられます。

SSC脱毛

「SSC脱毛」は、肌をジェルで守りながら脱毛をすることができる方式です。
IPLよりやや効果が出にくくなりますが、痛みは多少抑えることが可能です。
実際に導入しているメジャーなサロンは「ミュゼプラチナム」や「脱毛ラボ」などが挙げられます。
SSC脱毛のデメリットとしては肌を守るジェルが冷たく不快感があることと、施術が中日いた際にジェルが温まってしまうことあり、痛みを感じてしまうことが挙げられます。

SHR脱毛

「SHR脱毛」はほかの方式と異なり、弱い光を繰り返し照射することで熱や痛みをほぼ感じることなく脱毛することができます。
またSHR脱毛の特徴として、毛周期に関係なく通えるため、通う期間が大幅に短縮できることが挙げられます。
しかし大きなデメリットとしては効果が薄いことが挙げられるため実績が少なく、あまり普及していない脱毛方法です。
実際にSHRを導入しているサロンは少ないため、ここではできるだけ多く紹介しておきます。
実際にSHR脱毛を受けたいという方は参考にしてみてください。

  • lacoco(ラココ)
  • ストラッシュ
  • SA・SA・LA(ササラ)
  • 椿クリニック
  • リゼクリニック
  • レヴィーガクリニック
  • 聖心美容クリニック
  • KMクリニック

VIO脱毛の痛みを軽減させるには?

VIOラインの脱毛は痛みが伴うことがほとんどです。しかし、セルフケアによって痛みを抑えることも可能です。
ここからはVIO脱毛を受けた際の痛みを少しでも軽減させるために自分でできる対策を6つ紹介していきます。

痛みが少ないサロンを選ぶ

まず前提として痛みの少ない脱毛店を利用することが痛みを避けるための大切なことです。
光脱毛にもさまざまな種類があることを先ほど紹介しましたが、さらに使用する脱毛器具によって効果や感じる痛みは変わってくるのです。
痛みが少ないと評判のサロンについては下で詳しく紹介しますので、そちらも参考にして下さい。

痛みには体調が大きく関係する

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法に、脱毛を受ける直前には体調を整えることが挙げられます。
病気にかかっている状態や、風邪を引いて発熱している状態で無理に脱毛を受けてしまうと、普段以上の痛みを感じてしまうことがあります。
場合によってはさらに体調が悪化してしまう恐れがあるため、脱毛のスケジュールに合わせてきちんと体調を管理しましょう。
もし脱毛当日に体調不良となってしまった場合、無理をせずに脱毛の予定をキャンセルするようにしてください。

生理期間を避ける

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法に、痛みを感じやすい生理前は脱毛の施術を入れないことが挙げられます。
サロンによっては生理前でも施術をしてくれる場合がありますが、生理前の時期は肌が敏感になっていることが多く、普段以上の痛みを感じてしまう恐れがあります。
またホルモンバランスの乱れも痛みの原因となることがあるため、生理周期を確認したうえで、脱毛のスケジュールを組むようにしましょう。

保湿ケア

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法に、VIOの保湿ケアをしっかりと行うことが挙げられます。
皮膚が乾燥していると、人の肌は敏感になる性質があるため脱毛に乾燥していると痛みとダメージはその分増えてきてしまいます。
また光脱毛をする際には熱が与えられるため、水分が失われてしまいます。
そのため、脱毛をした後は肌が乾燥して敏感になり、軽い炎症になっていることもあります。施術を受けた日もそうでない日も保湿ケアを欠かさないようにしましょう。
肌の潤いを保つことができれば、脱毛による痛みも軽減することができるのです。

日焼けを避ける

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法に、日焼けを避けることが挙げられます。
肌が日焼けをして黒くなっていると照射される光やレーザーが強く反応して痛みを感じやすくなってしまい、日焼けの度合いによっては施術を拒否される場合もあります。
夏場であるとどうしても、意識していないうちに肌が焼けてしまうことがあります。
肌が焼けていない時期に脱毛を行うために、秋冬に脱毛を始める方も多くいます。

麻酔を使用する

医療脱毛での施術では麻酔クリームや、麻酔ガスを用意している場合があります。
実際にこれらの麻酔では、感覚が鈍り、お酒に酔ったような状態になり、局所的に痛みをほとんどなくす効果があります。
このような麻酔を使用することは医療行為となるため、医療資格を持つ医師や、看護師のいる医療脱毛店のみで利用できるため、医療脱毛以外のサロンでは麻酔を使用できません。
また麻酔を利用する際は、医師からの注意や確認事項がありますが、軽い合併症を起こす場合があるというリスクも覚えておきましょう。

VIOでも痛くない!人気の脱毛サロン4選

最新の脱毛機器を使った脱毛サロンで痛みが少ないと評判のサロンは以下の5サロンです。ぜひサロンを選ぶ際は参考にしてください。

キレイモ

キレイモロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.2
 全身脱毛ならダントツ!
 サロンページはこちら >>

キレイモは、数多くの有名人なども通う全身脱毛専門サロン。

しっかりと肌を冷却しながら施術を進めるため、通常のサロン以上に痛みが少ないと評判です。痛みに弱い人には特におすすめ。

ただ、「脇だけ」「VIOだけ」などの部位脱毛はしていないため、1か所だけの脱毛を考えている人には向きません。

料金プラン 脱毛範囲 予約
月額制9,500円〜 全身33カ所(鼻・小鼻を含む) Web予約が可能

・全身脱毛ならダントツ!
・顔・VIO含む全身をまるごと脱毛
・1回の来店90分で全箇所脱毛!
・お手入れ後の仕上げに選べる保湿ローション
・回数無制限のスペシャルプランで徹底脱毛(2019年11月現在)

 

ディオーネ

ディオーネロゴ  口コミ総合 ★★★☆☆ 3.2
 4種の脱毛機で最適脱毛
 サロンページはこちら >>

ディオーネでは、肌への刺激を極力抑えた「ハイパースキン脱毛」を取り入れていて、小さい子供でも脱毛が可能です。その分痛みもほとんどないため、痛みに弱い人、敏感肌の人にはおすすめです。

ただ、照射の威力がソフトな分、効果はほかのサロンに比べて低いとも言われています。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
①VIO脱毛6回
57,000円~②Sパーツ3か所セット6回36,000円
①VIO

②両脇含む15か所から好きな3か所

・web予約
・電話予約

・全国どこでも通える!店舗数120以上
・施術時間が早い!最短30分
・肌本来の機能が蘇る「ハイパー光フェイシャル」
・お顔丸ごと脱毛体験3,000円!
・他店でNGのキワまで脱毛
・子供も安心して通える

 

ミュゼプラチナム

ミュゼロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.1
 キャンペーン利用でお得脱毛
 サロンページはこちら >>

両脇+VIOのお得なキャンペーンを行っているミュゼ。

料金の安さは魅力で、脱毛初心者には特に人気の高いサロンです。

口コミなどを見ると、ワキの痛みはほとんどないようですが、VIOについては強い痛みを感じる人も多いようです。

料金プラン 脱毛範囲 予約
両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース 両ワキ+Vライン Web予約が可能

・肌にやさしい「S.S.C.方式」
・圧倒的部分脱毛がお得!
・高速脱毛機!脱毛スピードが従来の2倍
・全身脱毛コースが2回分240円(2019年10月現在)
・美肌トリートメント効果あり

 

ジェイエステティック

ジェイエステティックロゴ  口コミ総合 ★★★☆☆ 2.9
 お得な体験プラン豊富!
 サロンページはこちら >>

ジェイエステティックでは、初回限定で両脇脱毛(12回)を273円で受けられます。再契約の場合も637円となるため、ワキ脱毛に関してはかなり安い金額でチャレンジできます。

肌への刺激が少なく美肌効果も期待できる方法を採用しているため、痛みに弱い人にもおすすめです。

ただ刺激が弱いので回数を重ねなければ効果を実感できないこともあるため注意が必要です。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
脱毛初回キャンペーン 273円 両脇
選べる3部位
web予約電話

デリケート5プラン 30,000円(4回) トライアングル上
トライアングル下
Vライン
Iライン
Tバックゾーン

・体験コースを豊富にご用意
・脱毛初回キャンペーン300円実施中(2019年10月現在)
・脱毛×保湿×毛穴ケア
・全国展開でどこでも通える
・脱毛初心者ならまずは体験!

 

痛くない施術で安心の脱毛をしよう!

VIOラインの脱毛は痛みのほかにも恥ずかしさなどから、なかなか手が出せないという女性も多くいるでしょう。
しかし、多くのサロンでは痛みを軽減させることや、できる限り恥ずかしくないような配慮に力を入れているサロンも多くあります。
VIOラインのセルフケアは難しいうえに、肌を傷つけてしまう場合も多くありますので、気になるという方はこの機会VIOラインの脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

関連記事