ほくろがあっても脱毛できる?その関係や肌への影響を解説

「ほくろがあっても脱毛できるの?」と不安を感じてしまっていませんか?

今回はほくろがあっても脱毛できるのか、肌への影響などをまとめました。

直接照射がNGな理由や、ほくろへの対処法、「ほくろに生える毛」におすすめな脱毛方法、脱毛とほくろの関係など気になるポイントを詳しく解説していきます。

ほくろが多いと気にしている人も、ほくろから生えている毛をどうにかしたいと考えている人も、ぜひ読んでみてください。

ほくろがあっても脱毛はできる!

結論からいってしまうと、ほくろがあっても脱毛をすることは可能です。

「ほくろがあるから脱毛できないのではないか」と気にしていた人も、脱毛を受けられますので安心してください。

ただし、ほくろの濃さや大きさなど、ほくろの状態によるのも事実です。
今回はほくろと脱毛の関係や、疑問や不安を解消していきます。

 

直接照射はNG!その理由は?

ほくろがあっても脱毛はできますが、直接光やレーザーを照射をするのはリスクを伴うためNG!リスク回避のためにも、その理由をご紹介していきましょう。

ほくろへの直接照射のリスク

光脱毛や医療脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応するようにできています。

同じようにホクロもメラニン色素が含まれているので、直接脱毛の照射をすると、メラニン色素に刺激を与えてしまうため、やけどを起こす可能性があるのです。

そのため基本的に脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、ほくろへの直接照射は行いません。

薄い、小さい場合には照射OKの可能性も

ただし薄くて小さいホクロで、「やけどの心配がない」と判断された場合には、照射OKの可能性があります。

出力を抑えながら施術できる場合もあるので、ほくろがあるだけで、必ずしも脱毛がNGではないということを覚えておきましょう。

 

大きさや濃さによって違う「ほくろへの対処」

ほくろへの対応は、サロンやクリニックによって異なります。
スタッフさんが行なってくれるので、自分で対処する必要はありません。
安全のために行なっているので、安心してお任せましょう。

印を付け、そこに照射しないよう注意する

脱毛サロンの「銀座カラー」などでは、消えるペンなどで印をつけ、そこに照射をしないように注意して施術をしていきます。

ほくろだけでなく、傷跡など照射を避けたい箇所にも同じように印をつけていくので、他に肌トラブルがあったとしても安心して任せられますね。

シールで保護する

ほくろのが密集していたり、濃いほくろが脱毛部位にあったりする場合には、シールで保護することもあります。

光やレーザーを遮断、軽減するシールでほくろを隠すので、ほくろの上から照射しても基本的にやけどの心配はありません。

光やレーザーを弱くする

薄いほくろや小さなほくろは、やけどのリスクが低いと判断されることもあります。
その場合は、印をつけたりシールで保護をせず、光やレーザーの出力を弱くして照射をすることも多いようです。

その判断はサロンやクリニックによっても変わるため、「ほくろが多くて気になる……」という人は事前に確認しておくといいでしょう。

クリニックなどでは除去を提案されることも

大きいほくろや、濃いほくろは除去を提案されることもあります。
これはそのまま脱毛照射をするとやけどのリスクが高く、シールなどで隠しても脱毛の面積が狭まってしまうからです。

脱毛サロンでほくろの除去はできませんが、クリニックではほくろの除去を施術として行なっていますので、安心してお任せできます。

もしほくろを取りたくない場合には、シールで保護したり、照射をしないように注意しながら施術してもらえば問題ありません。

 

「ほくろに生える毛」にはニードル脱毛!


「ほくろに生える毛」が、気になる女子も多いのではないでしょうか。

しかし残念ながら原則脱毛サロンやクリニックでは、直接照射をして脱毛することができません。
ほくろに生える毛には、「ニードル脱毛」か「自己処理」を行いましょう。

ニードル脱毛は毛穴から直接脱毛

ニードル脱毛は光脱毛や医療脱毛とは異なる脱毛方法で、毛穴に金属を入れて電流を流し、毛根の細胞を破壊していきます。

この方法なら、直接照射ができないほくろから生えている毛にも、脱毛の施術をすることが可能です。

ただ、

  • 光脱毛やレーザー脱毛に比べてかなり痛みが強い
  • 施術に時間がかかる

などのデメリットもあるため、痛みに弱い人などは注意しましょう。

自己処理で抜くのは避けて

自己処理をする場合には、毛抜きで抜くのは避け、小さなハサミなどで処理しましょう。

実はほくろはデリケートなため、毛抜きで抜毛すると刺激を与えてしまい、炎症などの肌トラブルの原因になる場合があります。

また、自己処理をしても毛はすぐに生えてきてしまうため手間がかかります。
気になるほくろの毛を処理するなら「ニードル脱毛」がおすすめです。

 

「消える?」「増える?」脱毛とほくろの関係とは

脱毛するとほくろが「消える」「増える」などのウワサもよく耳にします。これは事実なのでしょうか?脱毛とほくろの関係について、解説していきます。

脱毛するとほくろが消える?

脱毛を繰り返すと、ほくろが消えることもあります。

もちろん個人差はありますが、医療脱毛に使われている「ヤグレーザー」や「アレキサンドライト」という脱毛機は、シミの治療にも使用されているレーザーなので薄くなる効果も期待できるのです。

小さなほくろや薄いほくろは、消えることもあるので、もし残しておきたい場合は事前に相談しておきましょう。

脱毛するとほくろが増える?

脱毛すると「ほくろが増えた」というウワサもありますが、実はこれは間違いです。
ほくろはホルモンバランスの変化や、紫外線、摩擦などでできるので、照射によってほくろが増えたと感じるのには、別の理由があります。

  • 肌に隠れていたシミやメラニン色素がレーザーに反応して表面に出てきた
  • 照射によって毛穴が炎症を起こした

普段から紫外線対策をしていれば、脱毛でほくろが増えてしまったということを防ぐことができるでしょう。

照射してかさぶたになる?

照射の出力が強いと、ほくろや毛穴がやけどしてしまい、かさぶたができる場合があります。

ほとんどのサロンやクリニックでは、やけどの恐れがあるほくろに照射は行わないため問題ありませんが、家庭用脱毛器などで自己脱毛を行う際は、注意書きをよく確認し、できればほくろを避けて脱毛を行いましょう。

ほくろが膨らむことは?

やけどが原因で、ほくろが膨らむこともあるようです。

水ぶくれや、腫れている状態なので、冷却すると落ち着いてきます。

触ると炎症を起こしたり悪化する恐れがあるので、腫れていることがわかったら、脱毛サロンやクリニックに電話連絡をしましょう。
自己判断せず、指示してもらうと安心です。

ほくろがある場合の脱毛。各サロンやクリニックの対応について

各サロンやクリニックが、ほくろがある場合にどんな対応をしてくれるのかをまとめました。
代表的な4つのサロンとクリニックについて、みていきましょう。

サロン・クリニック名 ほくろへの直接施術 ほくろがある場合の脱毛への対応
ミュゼ × ほくろに白色のシールを貼って保護して施術可能
銀座カラー 色・大きさ・濃さによって異なるもののほくろも施術可能
リゼクリニック × 避けるかテープでカバーをして照射可能。大きなほくろへの照射は不可
アリシアクリニック × 色味の濃いものなど状態により照射不可。先にほくろの除去を提案する場合あり

「銀座カラー」のみ、状態によってほくろも施術可能ですが、「ミュゼ」「アリシアクリニック」はテープやシールなどで避けて施術をしてくれます。

「アリシアクリニック」では、先にほくろの除去を提案される場合もあるようです。

 

ほくろがあっても安心!おすすめの脱毛サロンクリニック4選

ここからはほくろがあっても安心して通うことができる、おすすめの脱毛サロンやクリニックをご紹介していきましょう。

ミュゼプラチナム

ミュゼロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.1
 キャンペーン利用でお得脱毛
 サロンページはこちら >>


ミュゼは初めての方限定で、「両ワキ+Vライン6回」が100円(税抜)で、「全身脱毛1回」を240円(税抜)で通うことができます。

ほくろに白色のシールを貼って保護してくれるので、ほくろがあっても安心して施術を受けることが可能です。

新規会員限定のプランとなっているため、以前ミュゼに行ったことがある人は利用できません。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
100円(6回) 両ワキ+Vライン Web予約が可能
240円(全身脱毛1回) 全身脱毛2回

・肌にやさしい「S.S.C.方式」
・圧倒的部分脱毛がお得!
・高速脱毛機!脱毛スピードが従来の2倍
・全身脱毛コースが2回分240円(2019年10月現在)
・美肌トリートメント効果あり

 

銀座カラー

銀座カラーロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.7
 エステティシャンの高い技術力
 サロンページはこちら >>


銀座カラーは、状態によってほくろの施術も可能な脱毛サロンです。

VIO、顔を含む全身脱毛がリーズナブルな価格でできるとあって、顧客満足度の高い脱毛サロンです。

料金プラン

脱毛範囲

予約

全身脱毛6回コース

99,000円

月額3,300円~

全身脱毛し放題コース

389,000円

月額9,300円~

全身24ヶ所(顔、VIO含む)

・会員専用Webサイト

・コールセンター

・店頭

・全身24ヶ所まるっと脱毛
・全身脱毛1回施術が90分で完了
・シェービングサービスあり
・当日キャンセル0円!
・24時間いつでも予約が可能
・50店舗以上で予約が取りやすい!

 

リゼクリニック

リゼクリニックロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 2回目で感じる効果!
 クリニックページはこちら >>


リゼクリニックはテープでカバーをして避けることで、ほくろへの脱毛を行えるクリニックです。

院によってはVIOのトライアル5回プランが用意されていて、安く医療脱毛を受けることができます。

ただし小さなほくろへの対応は可能ですが、大きなほくろへの照射はできません。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
18,800円(5回) 両ワキ Web予約が可能
276,000円(5回) 全身脱毛

 

・芸能人多数利用
・シェービング料・キャンセル料・打ち漏れ再照射が0円!
・肌トラブルの治療代など完全無料保証
・セットプランが豊富!気になる部位を集中脱毛
・学割20%OFF
・のりかえ割10%OFF
・ペア割最大10%OFF


 

アリシアクリニック

アリシアロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 丁寧な接客で満足な施術
 クリニックページはこちら >>


アリシアクリニックは、ほくろの状態に合わせて施術をしてもらえるクリニックです。

脱毛回数が「5回」「脱毛し放題」と選ぶことができ、回数が充実しています。

先にほくろの除去を提案される場合もあるので、ほくろがチャームポイントなどで残したいと考えていた方は不向きかもしれません。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
32,000円(5回) 両ワキ Web予約が可能
198,000円(5回) 全身脱毛

・全身脱毛体験2,890円(税抜)(2019年10月時点)
・毛質、肌質に合わせた脱毛
・肌荒れした時のキャンセルが可能
・痛みが少ない医療脱毛
・シェービング・麻酔が無料


 

ほくろがあっても大丈夫!プロに任せて安心の脱毛を

脱毛サロンやクリニックでは、ほくろの状態に合わせて脱毛の施術をしてくれます。
「消える」「増える」などのウワサはありますが、実際のところ、脱毛でほくろが消えることはあっても増えることはありません。
プロにお任せしておけば、安心してお任せできるでしょう。

関連記事