脱毛でのやけどを防ぐセルフケアと対処法は?保証つきおすすめサロンをご紹介!

脱毛したらやけどになった!
という話、聞いたことありませんか?

そんな話を聞くと、脱毛したくても、やけどが心配で躊躇しちゃいますよね。

そんな脱毛によるやけどを防ぐには「正しいセルフケア」と「安心できる脱毛サロン選び」が大切です。

そこでこちらの記事では、やけどの原因や対処法、安心できるサロン選びのコツをご紹介します!

脱毛によるやけどは意外と多い

「最近の脱毛は痛くないって聞くし、やけどなんてめったに起こらないでしょ?」と思いがちですが、実は脱毛によるやけどの症状は珍しくありません。

独立行政法人国民生活センターの調べでは、2012年以降の約5年間で「脱毛を受けてお肌に危害を与えられた」という相談が964件も届いています。

またアンケート調査をしたところ、約4人に1人が「脱毛でやけどやヒリヒリ感を感じたことがある」と回答していました。

(参照:独立行政法人国民生活センター「なくならない脱毛施術による危害」より)

脱毛でやけどしてしまう原因は?

どうして脱毛すると、やけどしてしまうのでしょうか。

実は、やけどの原因はサロン側だけではなく、私たち施術を受ける側にもあるのです。

まずは、脱毛でやけどになる原因から見ていきましょう。

やけどの原因は照射する光・レーザー

毛を薄くするためには、毛を作る細胞の働きを止める必要があります。

「毛を作る細胞の働きを止める」ために、脱毛では光やレーザーを照射して、細胞を破壊します。

このとき、毛穴があるお肌にも熱が加わるので、その熱によってやけどすることがあるのです。

脱毛によるやけどが一番多いのは、脱毛サロンで行われる「光脱毛」で、その次が医療脱毛クリニックで行われる「レーザー脱毛」と言われています。

どちらもメジャーな脱毛方法ですが、やけどの危険性があるということは覚えておきましょう。

古い機械や施術者のミス

年々進化している新しい脱毛用の機械は、レーザーや光の加減を調節して、その人に合ったパワーで施術できます。

ところが、古い機械では加減が調整できないものがあり、お肌が弱い人にとっては、やけどの危険性が高まります。

比較的古い機械を使っているサロンは、念のため避けた方がよいでしょう。

また、施術してくれる人が、間違って同じ場所に何回もレーザーを照射してしまう「二度打ち」もやけどの原因になります。

こればっかりは、私たちではどうすることもできないですが、敏感肌やお肌が弱い人は、事前のカウンセリングで、お肌が荒れやすい旨を伝えておきましょう。

脱毛前後のセルフケア不足

「きちんとした脱毛サロンを選べば安心!」と思っているだけでは、危険です!

脱毛はお肌にダメージを与える行為なので、脱毛前後でしっかりケアしないと、お肌がどんどん弱ってしまいます。

まず、脱毛期間中の日焼けは絶対にNG。

シミの原因になるだけでなく、やけどのリスクが高まるので、しっかりと紫外線対策をして下さい。

また、脱毛直後の入浴は避け、シャワーの後は十分に保湿しましょう。

照射したレーザーの熱によって水分が失われ、脱毛後のお肌は乾燥状態になっています。

そのまま放置すると、わずかな刺激でお肌が荒れたり、次の照射でやけどしやすくなることも。

脱毛後はしっかり保湿して、やけどになりにくいお肌の状態を作りましょう。

CHECK!

もっと知りたい脱毛後のケアはこちらをチェック▼
脱毛後の正しいケアと自己処理方法をご紹介!肌荒れ・赤みを避ける対策法とは?

[補足]日焼けがやけどの原因になる理由

脱毛の時に日焼けが大敵といわれる理由は「メラニン色素」にあります。

脱毛で毛が薄くなるのは、照射するレーザーや光が、毛に含まれるメラニン色素に反応するからです。

このメラニン色素は、ほくろやシミにも含まれるので、シミの部分もレーザーに反応してしまいます。

紫外線を浴びるとシミができるだけでなく、お肌の奥の層でメラニン色素が増えるので、日焼けはやけどのリスクを高める原因になるのです。

脱毛している間は、日焼け止めや日傘を活用して紫外線対策に力を入れ、アウトドアも避けたほうが無難です。

CHECK!

脱毛中の日焼けケアはこちらをチェック▼
脱毛中は日焼けに要注意!?日焼けや色黒肌は脱毛効果が下がるの?

家庭用脱毛器もやけどの危険性あり

家庭用脱毛器でも、使い方を間違えるとやけどすることがあります。

出力レベルを調整できるタイプの場合、いきなり最大レベルで照射してしまうと、やけどすることがあります。

また、使用説明書をしっかり確認せず、

  • 脱毛器を使う前にお肌を冷却しない
  • ムダ毛を剃らない

など間違った使い方で、やけどすることも。

家庭用脱毛器を使うときは、必ず使用説明書に従ってください。

脱毛でやけどした場合の対処法

「脱毛でやけどしてしまった!」
「気づいたらお肌がヒリヒリする!」
という場合に備えて、正しい対処法を知っておきましょう。

やけどの痛みを感じると焦ってしまいますが、早く対処することでダメージを最小限に抑えられます。

脱毛のやけどは徐々に症状がでる

熱い鍋やコップを触ってやけどしたときは、その部分がすぐに赤くなります。

それに比べて脱毛によるやけどは、施術を行った箇所が徐々に赤くなるので、脱毛の影響なのか判断がつきにくいです。

照射の強さや個人差が大きいのではっきりとは言えませんが、かゆみやヒリヒリ感が数日続くようなら、脱毛でやけどしている可能性があります。

かゆみや水ぶくれが出たときの対処法

脱毛後、お肌のかゆみが3日以上治まらない場合は、軽いやけどを負っている可能性があります。

水ぶくれができてしまった場合は、中度のやけどの可能性があります。

すぐに脱毛サロンに連絡して、対処法を確認しましょう。

きちんとした脱毛サロンなら、提携先の皮膚科を紹介してくれるなど、適切に対応してくれます。

万が一、水ぶくれができた時は、水ぶくれをつぶさないようにして下さい。

かゆみや痛みでつい患部を触りたくなりますが、水ぶくれをつぶしてしまうと、雑菌が入って傷口が悪化したり、最悪の場合、跡が残る可能性があります。

やけどの跡を残さず治すには?

やけどの症状や本人の回復力にもよりますが、早期に正しい処置を受ければ、跡が残らずきれいに治すことできます。

「やけどしたかも」と思ったら放置せず、すぐに専門の医師に診てもらって、適切な治療を受けてください。
塗り薬を処方されたら、医師の指示に従って、患部に塗りましょう。

「やけどの痛みが治まってきたから」と自分の判断で治療をやめると、跡が消えないこともあります。

また、先ほどもお伝えしたように水ぶくれができても、絶対につぶさないようにしてください。

ひどいやけどを負った!脱毛サロンを訴えることはできるの?

「脱毛でやけどしたせいで、仕事に支障が出た」
「大きなやけど跡が残り、どうしても許せない」
という場合、裁判によって慰謝料を請求できるケースがあります。

実際に脱毛が原因のやけどで訴訟を起こして、脱毛サロンから施術費用と、慰謝料を含めた「損害賠償」の支払いが認められたケースがあります。

訴訟トラブルにまで発展する場合は、専門知識を持った弁護士に相談することになります。

もしもの時に備えて、脱毛サロンとの契約書類は必ず保管しておき、証拠としてやけどの症状もしっかり撮影しておきましょう。

治療にかかった治療費、交通費も請求の対象になるので、かかった費用を忘れずにメモしておくといいですね。

やけどを回避するには脱毛サロン選びが重要

脱毛によるやけどは「よくあるトラブル」ではあるものの、大手の脱毛サロンなら、やけど対策もしっかりしているところが多いです。

「CMで見たことがあるから」
という理由だけで選ぶのではなく、以下のようなポイントをチェックしておきましょう。

機械の種類が豊富で自分に合ったものを選べる

よく言われるのが、

  • 脱毛サロン・・・光脱毛
  • 医療脱毛クリニック・・・レーザー脱毛

ですが、実はそれぞれの脱毛方法でも、機械の種類が細かく分かれています。

機械によってお肌への影響も違うので、自分に合った機械を選んでくれるサロンが理想ですね。

カウンセリングの時に、機械の種類についてしっかり説明があるサロンを選びましょう。

サポートを含めてしっかり説明してくれる

脱毛によって肌トラブルが起きてしまった人の中には「注意点やアフターサービスなどの詳しい説明がなかった!」と訴える人もいます。

契約する時に脱毛サロンから渡される「同意書」にサポート体制や注意点について書いてあっても、しっかり目を通さず、なんとなくサインしてしまったというケースも…。

「こういう肌トラブルが起こったら、うちではこんなサポート制度がありますよ」としっかり説明してくれる脱毛サロンを選べば安心ですね。

施術後のトラブルを保証してくれる

施術後のケアについては、脱毛サロンによってかなり違いがあります。

公式ホームページでも詳しく紹介されていなかったり、カウンセリングでも自分から聞かないと説明してくれないサロンもあります。

やけどなどのトラブルについて、カウンセリングでしっかり説明してくれるサロンを選びましょう。

事前にテスト照射ができる

多くの脱毛サロンでは、実際に施術を行う前に「手だけ」など部分的に施術をしてもらう「テスト照射」があります。

脱毛サロンによっては、「パッチテスト」と呼んでいるところもあります。

テスト照射を受けて、お肌に何も起こらなければひとまず安心できるでしょう。

実際の施術スタッフの対応や店舗の雰囲気も確認できるので、テスト照射を受けることをおすすめします。

やけどが心配な方におすすめの脱毛サロン

ここでは、万が一のやけどでも安心の保証が付いているおすすめの脱毛サロンと医療脱毛クリニックを紹介します。

リゼクリニック

リゼクリニックロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 2回目で感じる効果!
 クリニックページはこちら >>

医療脱毛クリニックの「リゼクリニック」は、脱毛による肌トラブルの保証がしっかりしています。

やけどをはじめ、赤みやヒリヒリ感・むくみを感じた場合は、診察料や薬代、追加照射料(照射漏れがあった場合)など、すべて無料で治療してもらえます。

ただし、痛みを緩和する麻酔を使用した場合は、追加料金が必要になります。

脱毛範囲 月額料金(税抜)
全身

全身+VIO

全身+顔

全身+VIO+顔

12,400円

15,000円

15,000円

16,600円

・芸能人多数利用
・シェービング料・キャンセル料・打ち漏れ再照射が0円!
・肌トラブルの治療代など完全無料保証
・セットプランが豊富!気になる部位を集中脱毛
・学割20%OFF
・のりかえ割10%OFF
・ペア割最大10%OFF

キレイモ

キレイモロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.2
 全身脱毛ならダントツ!
 サロンページはこちら >>

脱毛サロンの「キレイモ」では、カウンセリングの時に希望すれば、無料でハンド脱毛をしてもらえます。

カウンセリング自体も無料ですから、0円のカウンセリング+テスト照射で、自分のお肌との相性をチェックしてみましょう。

デメリットは全身脱毛のプランしかなく、部分脱毛ができない点です。

脱毛範囲
料金プラン(税抜)
顔とVIOを含む全身
216,182円(キレイモ全身脱毛1年プラン)

・全身脱毛ならダントツ!
・顔・VIO含む全身をまるごと脱毛
・1回の来店90分で全箇所脱毛!
・お手入れ後の仕上げに選べる保湿ローション
・回数無制限のスペシャルプランで徹底脱毛(2019年12月現在)

脱毛サロンと医療脱毛クリニックではやけどの対応が違う

脱毛による肌トラブルのサポートは店舗によって大きく違いますが、医療行為ではない「脱毛サロン」と医療行為である「医療脱毛クリニック」でも大きく変わります。

やけどしてしまった時のために、それぞれの違いを知っておきましょう。

脱毛サロンの場合

脱毛サロンの場合、基本的に医師免許を持った人はいないので、外部の医療機関で治療することになります。

脱毛サロンが提携している皮膚科があれば、そこを紹介してもらい、提携のクリニックがない場合は、脱毛サロンが信頼できる病院を紹介してもらうのが一般的です。

医療脱毛クリニックの場合

医療脱毛クリニックなら医師免許を持った医師がいるので、クリニックで治療してもらえます。

その時にかかる治療費が、無料になる医療脱毛クリニックも多くあります。

医療脱毛クリニックは、脱毛サロンよりも料金・効果ともに高い分、お肌への負担も大きくなりますが、トラブルにすぐ対処してもらえる点での安心感は大きいですね。

脱毛によるやけどは正しい知識で対処しよう

脱毛によるやけどの原因や対処法、サロン選びのポイントをご紹介しました。

せっかく脱毛を頑張ってツルスベのお肌を手に入れても、やけどで傷ができてしまっては元も子もありません。

脱毛によるやけどを防ぐには、

  • 適切なサロン選び
  • 正しいセルフケア

がとにかく重要です。

安心できる脱毛サロンを見つけて、ステキなお肌を手に入れてくださいね。

関連記事