日焼けでもできる脱毛方法をご紹介!効果的な日焼け対策と脱毛再開できる目安は?

脱毛サロンに行くと必ず「日焼けしないでください」と言われます。

でも、なぜ日焼けがダメで、日焼けした場合どうやって脱毛を続ければいいのか、実はよくわからないですよね。

また、日焼けしてやむを得ず予約をキャンセルした場合、いつから再開できるのかわからなくて、中断したままになっているという声もよく耳にします。

そこで今回は、

  • 脱毛中に日焼けしてはいけない理由
  • どの程度の日焼けが脱毛NGなのか
  • 日焼けしてしまった時の対処法
  • 日焼けしたお肌もできる脱毛方法

について詳しくまとめました!

脱毛したいけど日焼けも心配…という方、必見です!

脱毛中に日焼けしてはいけない理由

多くのサロンで導入されている最もメジャーなのが光脱毛。

一般的に日焼けNGと言われるのは、光脱毛と日焼けの相性が最悪だからです。

具体的な理由を見ていきましょう。

脱毛効果が落ちる

脱毛中の日焼けがNGな1つ目の理由は、脱毛効果が落ちることです。

光脱毛は、毛根に光を当てて毛を生えにくくする脱毛方法。

この光は黒い色素(メラニン)に反応するので、日焼けで肌が黒くなると、光が毛根に届きにくくなります。
その結果、脱毛効果が下がってしまうのです。

予定通りの回数で完了するためにも、脱毛期間中の日焼けは避けてください。

痛みが強くなる

2つ目の理由は、日焼けによって痛みを感じやすくなることです。

日焼けはお肌がやけど状態で、とても乾燥しています。

乾燥しているということは、バリア機能が失われて、刺激を受けやすくなっているということ。

その状態で脱毛すると、日焼け前よりも刺激や痛みを感じやすくなります。

特に光脱毛では、日焼けで増えた黒い色素(メラニン)が光に反応するので、より痛みを感じやすくなります。

乾燥や色素沈着など肌トラブルが起こりやすくなる

3つ目は、肌トラブルが起こりやすいことです。

日焼けのダメージを受けたまま、お肌に刺激となる光脱毛をすると、

  • 脱毛後の色素沈着
  • シミ、赤み、ブツブツ
  • 毛嚢炎などの皮膚の病気

これらの引き金になります。

特に、肌が弱い方や普段から肌トラブルを抱えている方は、しっかり紫外線対策をしましょう。

どのくらい日焼けすると脱毛できないの?

脱毛サロンも医療脱毛クリニックも、どの程度の日焼けがNGという決まりはありません。

万が一の肌トラブルを避けられるよう、脱毛がNGな日焼けのレベルと考え方を解説していきます。

うっすら日焼けした程度ならOK

一般的には、洋服の跡がうっすらわかる程度の日焼けなら、脱毛してもらえることが多いです。

ただし、日焼け前より脱毛効果が落ちるので要注意。

境目がくっきりわかる日焼けはNG

日焼けした実感があり、洋服の跡がはっきりわかるレベルだと、施術を断られることがあります。

また、見た目だけではなく、屋外にいた時間や紫外線対策をしていたかどうかも問題になります。

日焼けの跡がくっきり残っているということは、すでにお肌が炎症を起こしている証拠です。

そうなると、炎症が治まるまで脱毛はできないので、1ヶ月〜2ヶ月程度、脱毛時期をずらしたほうが良いでしょう。

仮にサロン側から断られなくても、日焼けした状態で施術すると、やけどや赤み、肌荒れの原因になるので、無理せずお肌のことを最優先に考えて予約をキャンセルしてください。

日焼けした場合の対処法

脱毛期間中、外出しないわけにはいきませんよね。

レジャーや屋外の仕事など、やむを得ず日焼けしてしまうこともあります。

日焼けした場合の対処法をおさえておきましょう。

日焼けした部分を冷やす

一番大切なのは、日焼けした部分をよく冷やすことです。

脱毛する部分だけでも、

  • 保冷剤をハンカチに包んで肌に当てる
  • 冷却シートを貼る

など、しっかり冷やしてください。

日焼けした肌には熱がこもっており、その熱のせいでお肌がどんどん乾燥していきます。

乾燥するとメラニン色素が肌に沈着しやすくなるので、まずは冷やすケアを心がけてください。

ただし氷を直接当てるのはNGです。

必ずタオルやガーゼを使い、お肌への刺激を最小限に抑えましょう。

保湿する

日焼けの後は、いつもより念入りに保湿ケアを行ってください。

乾燥したお肌を保湿することで、本来のバリア機能を取り戻すことができます。

また、潤ったお肌はターンオーバーのサイクルが整い、新しいお肌を再生しやすくなります。

ターンオーバーの周期は28日〜40日なので、その期間は入念な保湿を心がけましょう。

  • 基礎化粧品は保湿力の高いものに切り替える
  • お風呂上がり、寝る前、起きた時などケアの回数を増やす
  • いつもより多めの化粧水をハンドプレスしながらお肌に入れ込む
  • 仕上げは乳液やクリームで蓋をして、潤いを閉じ込める

など、いつも以上に丁寧に保湿してください。

ビタミンCを摂る

美白化粧品によく含まれるビタミンCを摂るのも効果的です。

ビタミンC誘導体には、メラニン色素を還元する働きがあります。

美白化粧品はメラニンの生成を抑える目的に作られていますが、すでにメラニンが生成されたお肌にも効果があります。

また、体の中からビタミンCを補えるサプリメントもおすすめです。

日焼け後の脱毛はいつから再開できる?

どの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも、日焼け直後はしばらく様子を見る必要があります。

なぜ日焼け後の施術ができないのか、どのくらい待つ必要があるのか見ていきましょう。

日焼け直後はNG!炎症がひどくなる可能性も

日焼けしてすぐに脱毛が行えないのは、炎症を起こした肌に、さらにダメージを与えるからです。

どの機器でも、肌に刺激になることは変わりません。

医療レーザーはもちろん、比較的刺激が少ない脱毛サロンの光脱毛でも、日焼け直後の施術はNGです。

実際、日焼け後すぐはどこの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも施術してもらえません。

日焼けをすると「赤くなった後に黒くなる人」と「赤くなるだけで黒くならない人」がいます。

どちらも、お肌が軽いやけど状態に変わりありませんが、特に後者は、お肌が炎症を起こしやすいため注意が必要です。

炎症がひどくなると水膨れや湿疹ができることもあり、日光皮膚炎を引き起こしかねません。

日焼け後の脱毛は必ず控えましょう。

日焼けしたら最低1ヶ月は様子を見る

脱毛サロンや医療脱毛クリニックにもよりますが、脱毛を再開できるのは、日焼けの炎症が治まってからなので、最低1ヶ月は様子を見ておきましょう。

赤みやヒリヒリ感がひどい場合は、もう少し長くお肌を休ませる必要があります。

個人の肌質によっても変わってくるので、自分のお肌の状態をよく観察し、わからないときはサロンのスタッフに相談してください。

脱毛中にしておきたい紫外線対策

効率的に脱毛を行いたいなら、紫外線対策は欠かせません。

次に、効果的な紫外線対策法をご紹介します。

紫外線は2種類ある

紫外線は、

日常の紫外線・・・・・・UV-A
レジャーでの紫外線・・・UV-B

の2種類に分けられます。

日焼け止めに表示されているPAはUV-A防止、SPFはUV-B防止に効果的です。

つまり、

  • あまり外に出ない日  → SPA20 PA++
  • 外出時や海に行くとき → SPF50 PA+++

というように、シーンや外出頻度に合わせて日焼け止めを使い分けると、効果的に日焼け予防ができます。

日焼け対策グッズを取り入れる

紫外線予防には、UVカット加工の洋服やアームカバーもおすすめです。

「長袖だから大丈夫」と思っているかもしれませんが、長袖でもUV加工をしていないものは紫外線を通してしまうのです。

もし、UV加工の服を持っていなくても、最近は服の上から吹きかけられるUVカットスプレーが発売されています。

スプレータイプなら、わざわざ日焼け止めを全身に塗らなくても、サッと吹きかけるだけなので、とても便利ですよ。

肌や髪の毛にもまんべんなく使えるものが多いので、1本常備しておくといいですね!

食生活から日焼け対策を

日焼け対策というと日焼け止めやUVカットのアイテムを使うイメージですが、実は食事などの日常生活で改善できることもたくさんあります。

  • パプリカ
  • ジャガイモ
  • オリーブオイル
  • ナッツ類

これらの食材は、シミ予防のビタミンCや、肌のターンオーバーを促進するビタミンEを多く含んでいるので、日焼けの季節には特に摂取するといいですね。

脱毛中は体の外側と内側、どちらからも紫外線ケアをして、常に万全のお肌をキープしていきましょう。

日焼け・色黒肌の人ができる脱毛方法は?

ここまで、日焼け・色黒のお肌には脱毛が難しいとお伝えましたが、日焼けしたお肌に脱毛する方法がまったくないわけではありません。

最後に、日焼けしてもできる脱毛方法をご紹介します。

ハイパースキン脱毛

日焼け肌でもOKな脱毛方法の一つが、ハイパースキン脱毛です。

従来のように黒い色素に働きかけるのではなく、いわゆる毛の種(ムダ毛予備軍)に反応するので、高熱で照射する必要がありません。

肌の色に反応することもないので、色黒の人でも肌トラブルのリスクはかなり低いです。

さらに、痛みが少ないこともメリット。

日焼け、色黒、敏感肌で光脱毛を断られてしまった人でも、ハイパースキン脱毛なら施術できる可能性があリます。
ハイパースキン脱毛は、脱毛サロン「ディオーネ」などで採用されています。

ディオーネ

ディオーネロゴ  口コミ総合 ★★★☆☆ 3.2
 4種の脱毛機で最適脱毛
 サロンページはこちら >>

ディオーネは「痛くない脱毛」として人気がある脱毛サロンです。

低温処理で行うハイパースキン法は、日焼けした肌にも施術できます。

ただし、脱毛サロンの中では料金がやや高めになっているので、契約するときはプランを確認しましょう。

脱毛範囲 料金(税抜)
全身(顔除く) 210,000円  (6回)

360,000円  (12回)

・全国どこでも通える!店舗数120以上
・施術時間が早い!最短30分
・肌本来の機能が蘇る「ハイパー光フェイシャル」
・お顔丸ごと脱毛体験3,000円!
・他店でNGのキワまで脱毛
・子供も安心して通える

SHR脱毛

SHR式脱毛は、毛穴にある毛筒にフラッシュを当てて、毛を弱らせる光脱毛の一種です。

弱いエネルギーで広範囲に刺激を与えるため、皮膚へのダメージはほとんどなく、黒い肌に反応することもないので、やけどの心配がありません。

産毛、剛毛関係なく効果が見込め、毛周期に関係なく通うことができます(最短2週間に1回)

従来の方法と違い毛周期が関係ないので、脱毛完了が早いのも特徴です。

その反面、すでに生えている毛には効果がないので「今すぐに肌をきれいにしたい」方には向きません。

SHR脱毛を取り扱うサロンはまだまだ少なく、「ラココ」「ストラッシュ」などで導入されています。

ストラッシュ

ストラッシュロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.9
 眉間の細い毛もしっかり処理
 サロンページはこちら >>

最新のSHR脱毛方法を導入しているストラッシュ。

SHR脱毛は、産毛や金髪、日焼けをした肌にも使えるので、日焼けを気にせず脱毛が受けられると人気です。

ストラッシュ には部分脱毛コースもありますが、Sパーツで1回2,750円と料金が高くなるので、オススメしません。

脱毛範囲 料金(税抜)
全身61ヶ所(顔・VIO含む) 月額制7,980円

・顔・VIO含む全身脱毛が月額7,980円(税抜)
・「SHR脱毛」で高い脱毛効果と美肌効果
・痛みがなく、温かみを感じる程度
・産毛や日焼け肌にも効果抜群!
・シェービング代がかからない!
・全身脱毛61ヶ所が初月0円(2019年10月現在)

医療レーザー脱毛

光脱毛に次いでメジャーなのが、医療レーザー脱毛です。

ここでは、ジェントルYAGレーザーについてご紹介します。

ジェントルYAGレーザーは波長が長く黒い色素に反応しくいので、日焼けや色素沈着したお肌にも照射できます。

毛根の深いムダ毛に効果抜群で、VIO脱毛やしっかり脱毛したい人にオススメ。

痛みを感じやすいので、全体ではなくパーツごとの脱毛で取り入れると効果的です。

(参照:リゼクリニック「熱破壊式YAGレーザー脱毛機のご紹介」より)

ジェントルYAGは、医療脱毛の「リゼクリニック」「アリシアクリニック」などで採用されています。

リゼクリニック

リゼクリニックロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 2回目で感じる効果!
 クリニックページはこちら >>

リゼクリニックには、全部で3種類の脱毛機があり、お肌の状態に合わせて最適な脱毛機を選べます。

リーズナブルですが、顔を含めた全身脱毛はやや料金が高めです。

脱毛範囲 月額料金(税抜)
両ワキ

VIO

全身+VIO

18,800円  (5回)

92,800円  (5回)

332,000円(5回)

・芸能人多数利用
・シェービング料・キャンセル料・打ち漏れ再照射が0円!
・肌トラブルの治療代など完全無料保証
・セットプランが豊富!気になる部位を集中脱毛
・学割20%OFF
・のりかえ割10%OFF
・ペア割最大10%OFF

アリシアクリニック

アリシアロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.8
 丁寧な接客で満足な施術
 クリニックページはこちら >>

アリシアクリニックは、ライトシェアデュエットとジェントルレーズプロのレーザー脱毛機を使用しています。

ジェントルレーズプロは痛みが少ないだけでなく、一度に照射できる範囲が広いので、VIOなどのデリケートゾーンも効率よく脱毛できます。

痛みに対して麻酔を使用する場合は、別料金が必要です。

脱毛範囲 料金(税抜)
全身 198,000円(5回)

 

・全身脱毛体験2,890円(税抜)(2019年10月時点)
・毛質、肌質に合わせた脱毛
・肌荒れした時のキャンセルが可能
・痛みが少ない医療脱毛
・シェービング・麻酔が無料

日焼けした場合はカウンセリングで相談を

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって、脱毛可能な肌の色はそれぞれ違います。

どのくらいの肌色から日焼け肌、色黒とされるのかもばらつきがあります。

自分は色黒肌なのか、また日焼けしたときは脱毛できない程度かどうか、わからない場合はサロンで相談してみましょう。

日焼けしても脱毛できるサロンはありますが、トラブルなくスムーズに脱毛を完了するためには、脱毛中の日焼けは避けてくださいね。

関連記事