SASALA(ササラ)の中途解約やクリーングオフ・返金方法を解説!

最新鋭のハイブリッド脱毛マシンを導入し、どんなムダ毛もツルツルにしてくれる脱毛サロンSASALA。

契約に前向きになっているであれば、ちょっと聞いてください!

契約する時にはなかなか解約のことまで考えないかもしれません。

でも損をしないために、契約する前に中途解約やクーリングオフなどの解約について、この記事で学んでおきましょう。

SASALAでは無料カウンセリングが、Webシステムで簡単に予約できます。

料金やキャンペーンだけでなく、解約のことも一緒に聞いておきましょう!

SASALA(ササラ)の脱毛コースは解約できる?

全身脱毛に特化した脱毛サロンSASALAでは、2種類の脱毛コースのどちらも解約が可能です。

ではそれぞれのプランでの解約方法を見ていきましょう。

月額プランを解約する場合

SASALAの月額プランは、大きな金額をローンで分割払いする月額とは異なり、毎月一定額を支払いゆっくりコツコツ脱毛を行うプランです。

この月額プランのメリットが、好きなタイミングでいつでも辞められること!

解約手数料などもなく、いつでもやめられます。

ただし支払いを銀行引き落としにしている場合は早めにコールセンターへ連絡をして、手続きを行いましょう。

回数パックプランを解約する場合

回数パックプランを解約するには、どの月でも1日~5日の間にサロンへ行き、退会申請書の記入及び会員証を返却します。

これでその月の翌月末に退会が完了するシステムです。

8日以内ならクーリングオフが利用可能

SASALAでは契約の8日以内であれば、クーリングオフの使用が可能です。

クーリングオフは消費者を守るための法律に基づいた制度で、一定の条件を満たしていれば全額返金してもらえます。

無料カウンセリングでその場の勢いで契約したものの、冷静になったら高額だし、やっぱり考え直したい!そんなことってありそうですよね。

そんな時にクーリングオフを知っていれば、クーリングオフがあなたを助けてくれます。

8日以降なら中途解約になる

契約から8日を過ぎてしまうと、クーリングオフが使えず中途解約となってしまいます。

中途解約でもSASALAでは返金を保証していますが、解約手数料などがかかってしまい全額無条件で返金というわけにはいかないので、注意しておきましょう。

クーリングオフの方法と流れ

SASALAではクーリングオフが使えます。クーリングオフはSASALAに限らず一定の条件を満たしていれば他の脱毛サロンでも使えます。

クーリングオフの方法と流れを見ていきましょう。

クーリングオフを使える条件

クーリングオフを使える条件とは、こちらの内容になります。

  • クーリングオフ期間:契約日から8日以内
  • 契約期間:1ヶ月を越える期間
  • 金額:5万円を越える金額(5万円ぴったりではダメ)

SASALAの場合は、金額が5万円を越え期間が1ヶ月を越える回数パックプランは適用されますが、条件を満たさない月額制プランでは適用されません。

脱毛は高額になりがちですが、無料カウンセリングで気持ちが盛り上がってついつい契約してしまうようなことも考えられます。

自分を守るためにも、クーリングオフを使えるための条件をきちんと把握してからカウンセリングに行きましょう。

とくに大切なのは契約からの期間です。書面で契約を交わしてから8日内に手続きを行わなければならないことを覚えておいてくださいね!

クーリングオフを行う方法

具体的にクーリングオフを行う方法は意外とシンプル。

注意しなければならないのは下記の3点です。

  • 契約日(1日目)から8日以内に行う
  • 書面で申請をする
  • クレジットカードやローンの分割払いなどを行っている場合は、サロンだけではなくクレジット会社や信販会社にも同様に書面を送る

クーリングオフの書面の書き方

クーリングオフを行う書面は、ハガキでも封書でもどちらでも構いません。

書面に記載しなければならない内容は下記となります。

  • 「クーリングオフ通知書」という文言
  • 契約した年月日
  • 契約したコース名
  • 契約金額
  • 契約した店舗名と担当者名
  • 契約を解除および返金を求める意向
  • 書面を書いた年月日
  • 契約者の住所、氏名

クーリングオフの書面の送付先はこちらです。

CHECK!

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-18-9
五反田NTビル8F
株式会社ビューテック

電話番号:03-5435-6370

おすすめは、ハガキや封書で「書留」にして送ることです。書留にすれば送った日付や配達状況が把握できます。

封書の場合は「内容証明郵便」にしておけば、公的に書面の内容までを証明できるのでさらに安心です。

クーリングオフは「発信主義」。つまり発信をした時から効果が生じます。だからいつ発信したか、ということがとても大切になってくるのです。

SASALAでは強引な勧誘は無いと公式サイトでも約束しています。

でも高額になることもある脱毛の契約は、場合によっては考え直すこともあるでしょう。

すみやかにクーリングオフを使って解約できるということを、頭の片隅に入れて置いてもよいかもしれませんね。

SASALA(ササラ)の解約の疑問を解決【Q&A】

SASALAの解約に関する疑問をQ&Aでお答えしていきます。

解約手数料はいくらかかる?

契約日から8日を過ぎてしまい、9日目以降であれば中途解約となるため解約手数料がかかります。

まだコースが未消化の場合は、コースの総額の10%にあたる金額と20,000円のどちらか低い方が解約手数料となります。

何回か消化している場合は、これに加えて消化分のコース代が差し引かれた分が返金となるでしょう。

解約後は再契約できる?

解約後でも基本的に再契約はできますが、初回限定キャンペーンは適用されなくなるので、注意しましょう。

SASALAは返金保証があるので安心

脱毛を契約する時に、最初から解約のことを考える人はあまりいないでしょう。

でも解約の条件は実はとても大切な事柄です。

強引な勧誘などが無くても、カウンセリングでは割引価格や魅力的なキャンペーンなども目白押しで、ついつい契約してしまった、なんてことも起こり得ます。

そんな時にはクーリングオフが使えるので、必ず8日内に手続きしましょう。

また、回数パッケージプランの全回数を消化する前でも、SASALAには安心の返金制度があるので、満足がいった回数で解約し、返金をしてもらうこともできるんです!

月額プランは解約手続きの心配がなく、いつでもやめられるところがメリットですね。

SASALAではスマホからでも簡単に無料カウンセリングの予約24時間受付中。

キャンペーンはWeb予約から限定なので、Webで無料カウンセリングを予約して、カウンセリングとお得なキャンペーンの両方をゲットしちゃいましょう!

Namy
Namy

instagram


きれいに上手に歳を重ねるにはどうすればよいか色々試行錯誤している、迷えるライターです。 できるだけ自分で聞いて、見て、体験したことを記事にしていきたいと思っています! 日本と海外を行き来しながら様々な情報をお届けします。

関連記事