脱毛ラボの自己処理の範囲は?VIOやシェービング料金を解説

脱毛ラボの施術前に行う自己処理は、脱毛を受ける部位が対象となっており、vioや背中も事前処理が必要です。

自己処理が難しい部位に関しては、シェービングサービスを利用することで、スタッフに手伝ってもらえますが、シェービング料金がかかります。

こちらの記事では、脱毛ラボでの自己処理の範囲や部位、剃り残しの対応などを詳しくまとめました。

脱毛ラボは施術前の自己処理は必要?

脱毛ラボ公式サイト


脱毛ラボでは施術の前に、自己処理が必要です。

いつまでに、どこまで、どのような自己処理をしていかなければならないかを、順番に見ていきましょう。

脱毛ラボの自己処理は前日まで

脱毛ラボでは施術の予約日の前日までに、自己処理をしていかなければなりません。

当日に自己処理をおすすめしない理由は、万が一当日の自己処理で肌にトラブルが出てしまった時、脱毛の施術ができなくなってしまうことがあるからです。

ただし、元々肌が弱く直前に自己処理をすると、肌に赤みが出てしまうというような人は、カウンセリング時など事前にサロンに相談しておきましょう。

全身脱毛を受ける前に自己処理が必要な理由

脱毛ラボで行っている脱毛の施術の方法は、光脱毛です。

光脱毛は肌の中の黒いメラニン色素に反応して、光が照射されます。そのことにより、毛の奥にある毛根の細胞にダメージを与える方法です。

このため、肌の奥にムダ毛がある毛穴にピンポイントで照射を行うために、事前にシェーバーなどで自己処理をしておくことが必要。

また、光脱毛で光が当たる部分は熱を発します。

ムダ毛が長いままだと、ムダ毛に光が反応するため肌に直接熱が当たり、痛みが大きくなったり火傷を引き起こしてしまいます。

効率的な脱毛のためにも、肌を守るためにも事前の自己処理は必須であることを覚えておきましょう。

・顔VIO含む全身56ヶ所丸ごと脱毛可!
・美容、抑毛成分配合ジェル
・1回全身脱毛がわずか90分で完了
・仕事終わりに行ける!毎日22時まで営業
・最短半年で脱毛を卒業


脱毛ラボの自己処理の範囲は?

脱毛ラボでは、前日までに自己処理をしていかなければならないことが分かりました。

でも全身脱毛では自分では手が届かなかったり、自己処理しにくい部分もありますよね。

脱毛ラボでの自己処理の範囲はどのようになっているのでしょうか。

脱毛ラボの自己処理は全身が対象

脱毛ラボでは基本的には全身全ての箇所を、自己処理をしていかなければなりません。

自分では手の届かない部分は家族に手伝ってもらうなどして、できる限り自己処理をして施術へ備えましょう。

VIOラインも自己処理が必要

脱毛ラボの全身脱毛はVIOラインも含まれています。でもVIOの自己処理は、なかなか難しい部分もありますよね。

しかしVIOラインも含めて、脱毛ラボでは自分でシェービングをしていくことが基本です。

シェービングサービスの対象部位

前日までに全身全ての箇所の自己処理が基本である脱毛ラボですが、安心してください。

脱毛ラボではオプションでシェービングサービスがあります。

希望をすればどの部位でも、サロンでシェービングサービスを受けることができます。

しかしできるだけ事前に自己処理をしていった方が、サロンでのトータル施術時間が短くなり、効率的なのでおすすめです。

脱毛ラボのシェービング料金は?無料?

脱毛ラボのオプションのシェービングサービスの料金について調べました。

脱毛ラボのシェービングサービスは有料

脱毛ラボのシェービングサービスは有料で、料金は下記のようになります。

  • 顔とVIOを含む場合:1回につき1,500円(税込)
  • 顔とVIOを含まない場合:1回につき1,000円(税込)

剃り残しがある場合もシェービング料金が発生する

シェービングサービスを希望していなくても、もし剃り残しがあった場合はシェービング料金が発生してしまいます。

でも剃り残し部分は避けて脱毛施術を行うサロンも多い中、シェービング料金が発生したとしても、全身くまなく施術をしてもらえるのは、脱毛ラボのメリットといえるでしょう。

脱毛ラボの自己処理の方法と注意点

脱毛ラボでのおすすめの自己処理の方法と、注意点をこちらに紹介していきます。

毛抜きでの自己処理はNG

脱毛ラボでは、自己処理をする時に毛抜きを含め、毛を抜くタイプの脱毛機やワックスを使うことはできません。

これは脱毛ラボの光脱毛という施術の方式が理由です。

シェーバーなどで自己処理をして肌の上のムダ毛を最短までカットする必要はあります。

しかし毛そのものを抜いてしまうと黒いメラニン色素が無くなってしまうため、光脱毛が毛根に反応しなくなってしまうのです。

同様の理由から、脱色処理もNGとなっているので、注意してくださいね。

自己処理は電気シェーバーを使おう

脱毛ラボでおすすめしている自己処理の方法は、電気シェーバーです。

電気シェーバーであれば直接肌にカミソリが触れるT字カミソリなどとは違い、カミソリ負けなど肌トラブルを最小限に抑えられるからです。

脱毛ラボの自己処理に関するQ&A

脱毛ラボの自己処理に関しての質問に、下記にお答えします。

自己処理で肌トラブルを起こしてしまった場合は?

もし自己処理で肌トラブルを起こしてしまった場合、脱毛の施術ができないことがあります。

肌荒れの箇所が限定的であれば、その箇所を避けての施術となりますが、全身であれば施術そのものがキャンセルになってしまうかもしれません。

いずれにしても事前に契約店舗に確認をし、当日サロンで実際に確認してもらうことをおすすめします。

脱毛ラボの脱毛後の自己処理のタイミングは?

脱毛の施術後にも、初めのうちはムダ毛がまた生えてくることが多いことでしょう。

でもそのまま放っておくのはちょっと視線が気になりますよね。

脱毛ラボでの脱毛後でムダ毛が生えてきたら、電気シェーバーなどで自己処理をすることが可能です。

次回の施術が近づいてきたら、予約前日までに改めて見直して、丁寧に事前準備をしていくことをおすすめします。

脱毛ラボでは全身脱毛でも自己処理が基本

脱毛ラボでは光脱毛を脱毛の施術に用いているため、シェービングなどでの事前の自己処理が必ず必要です。

しかし、全身脱毛ともなれば、自己処理しにくい部分や手の届きにくい部分も出てきます。

そんな時は有料になりますが、サロンでのシェービングサービスを利用しましょう。

剃り残しがある時もこのサービスによって、サロンできちんと事前処理を行ってもらえます。

コスト削減のためには自己処理をしっかりと行うことがおすすめです。

でも万が一の剃り残しにもサービスがあるため、全身を隅々まで施術してもらえるところが脱毛ラボのいいところですね。

脱毛ラボで効率的にかつ効果的に脱毛を行うために、前日までの自己処理をできるかぎり頑張って、最大限の脱毛効果を目指しましょう。

Namy
Namy

instagram


きれいに上手に歳を重ねるにはどうすればよいか色々試行錯誤している、迷えるライターです。 できるだけ自分で聞いて、見て、体験したことを記事にしていきたいと思っています! 日本と海外を行き来しながら情報を様々な情報をお届けします。

関連記事