シースリーの顔脱毛の料金は?脱毛範囲や注意点まとめ

シースリーで顔脱毛を検討している中、料金や脱毛範囲はどのくらいなのか気になる人もいると思います。

また、「事前処理は必要なの?」「メイクはしてもいい?」など初めての脱毛か分からないことが多くありますよね。

そこで今回は、シースリーの顔脱毛を受けるときに必要な料金や脱毛範囲、事前処理についてなど詳しくご紹介していきます。

シースリーの顔脱毛の特徴

シースリー公式サイト

シースリーの顔脱毛には、主に下記のような3つの特徴があります。

  • 全身脱毛に顔脱毛が含まれている
  • 顔の広い部位の脱毛ができる
  • 脱毛スピードが早い

他の脱毛サロンでは、全身脱毛でも顔が含まれていないところが多くあります。

しかし、シースリーであれば全身は顔から足の指まで脱毛をすることが可能です。

また、顔の脱毛できる部位も広く、鼻下や口下など特に気になる部分の脱毛が行えます。

ただし、眉毛などの脱毛ができない部位も一部あるようです。

使用されている脱毛器は最新の超高速脱毛器で、全身53パーツがわずか45分という早さで完了します。

さらに、スタッフは全員脱毛スクールの卒業生なので、技術や知識が高く、品質の高い脱毛を受けることが可能です。

24時間いつでもパソコンやスマホから予約ができ、全国どの店舗でも施術が行えます。

そのため、転勤や引っ越し、お出かけをした場合でも安心して通い続けることができるのがシースリーの魅力です。

・回数制限なしの通い放題
・今だけ特典!リゾートホテルペア宿泊(2019年10月現在)
・超光速GTR脱毛で時間も期間も早く完了!
・全身53パーツがわずか45分!
・永久メンテナスでムダ毛復活に安心

シースリーの顔脱毛の総額

シースリーで顔脱毛を行った場合にかかる費用の紹介をします。お得に脱毛を行えるプランがあるので、さっそくチェックしてみましょう。

永久メンテナンスコース

シースリーには、脱毛完了後にムダ毛が復活した場合にも安心の「永久メンテナンスコース」があります。

期間や回数の制限がなく、何度でも通うことができるのが特徴です。シースリーでは「脱毛品質保証書」を発行しているので、脱毛効果に不安がある人でも安心して通うことができます。

永久メンテナンスコース
月額(税抜) 後払い
5,273円~5,819円 9ヶ月以降

支払い方法は、月額または後払いの2種類から選択することが可能です。料金の負担が少ない方法で通えるのも、シースリーの嬉しいポイントになります。

後払いの場合、シースリーが指定する信販会社を利用する必要があります。ボーナス一括または二括払いで支払いをし、申し込み月から9ヶ月目が最長の支払い日となります。

また、エリアによって金額が異なるため、事前に料金を確認しておきましょう。

Aエリア Bエリア Cエリア
埼玉・東京・千葉 北海道・青森・岩手・宮城・群馬・神奈川・沖縄  

新潟・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・大分・熊本・鹿児島・長崎

月額5,273円(税抜) 月額5,728円(税抜) 月額5,819円(税抜)

例えば、Aエリアで36回支払いを利用すると、下記のような月額料金になります。金額はすべて税抜表示です。

初回お支払い額…6,390円
2回目以降………5,273円(35回)
ボーナス加算……31,819円(6回)
総額:381,844円(税抜)

CHECK!

シースリーの料金について詳しく知りたい人はこちら▼
シースリーの全身脱毛の料金まとめ!総額や支払い方法・口コミを調査

シースリーでは顔脱毛のみを受けることはできない

シースリーは全身脱毛専門サロンとしているため、顔脱毛のみのプランがありません。

しかし、月額料金を支払えば、回数無制限でお得に全身脱毛ができるためおすすめです。

自分では見ることのできない背中やうなじなど、プロに全身脱毛をお願いすることで他人の目を気にする心配がなくなります。

また、脱毛は腕や足など見える範囲だけで大丈夫と思っていても、案外自分では見えない部分のムダ毛を見られている可能性があるのです。

そのため、全身脱毛を行っていればムダ毛を処理する時間もなくなり、水着やオフショルダーなど露出の高い服も堂々と着れるようになります。

1回の施術時間が全身脱毛でも短いこともあり、脱毛プランの中でも全身脱毛は人気の高いプランとなっているようです。

シースリーの顔脱毛の脱毛部位は?

シースリーの顔脱毛では、どの部位の脱毛を行ってもらえるのでしょうか?ここでは、脱毛可能な部位と脱毛に含まれていない部位にわけてご紹介していきます。

顔の脱毛可能な部位

シースリーの顔脱毛で脱毛可能な部位は以下の通りです。

  • おでこ
  • 左右もみあげ
  • 左右頬
  • 鼻下
  • 口下

顔のほとんどが脱毛可能部位に含まれていることがわかります。顔の中でも産毛が濃くなりがちな鼻下も脱毛が受けれるのは嬉しいですよね。

また、シースリーの脱毛がスピードが早く、表示価格以外の追加料金も取られる心配がありません。

さらに、回数無制限のコースを契約していれば、何度でも通えるので早く脱毛を完了させたい人におすすめです。

顔脱毛に含まれていない部位

顔脱毛のプランに含まれていない部位は下記のとおりです。

  • フェイスライン
  • 眉毛
  • 眉間

シースリーの顔脱毛では、あご下のフェイスラインや眉毛などは脱毛範囲に含まれていません。

しかし、左右のもみあげなど、他の脱毛サロンよりも広範囲に顔脱毛が受けられるのでおすすめです。

シースリーで顔脱毛を行うと毛穴が目立ちにくくなり、化粧のノリが良くなるなどの効果が期待できます。

お肌がキレイであればすっぴんにも自信を持つことができるので、顔脱毛は多くのメリットがあるといえるでしょう。

シースリーの顔脱毛の施術前の注意点

シースリーで顔脱毛を受ける場合、3つの注意点があります。脱毛効果をアップさせるためにも、事前によく確認しておきましょう。

施術前には自己処理が必要

施術前の2~3日前には、必ず自己処理を行うようにしましょう。ムダ毛が伸びたまま脱毛を受けると、光脱毛器はメラニン色素に反応するため、表面の毛にしか光エネルギーがあたらくなってしまいます。

そのため、毛穴の奥の毛根まで光エネルギーが届かず、脱毛効果がみられない原因になりかねません。脱毛効果を上げるためにも、シェーバーを使って自己処理を行っておきましょう。

自己処理をするときは、カミソリや毛抜きの使用はあまりおすすめできません。カミソリはお肌を傷つけ、毛抜きで抜くと皮膚の下で毛が発毛・成長する埋没毛(まいぼつもう)になる可能性が高くなります。

また、脱毛クリームやワックスを使用した自己処理は、肌トラブルの原因になる場合もあるでの避けましょう。

自分では処理が難しい部位はシースリーで無料で処理をしてくれます

しかし、顔や腕や足など、手が届く場所も自己処理をしていない場合は、脱毛が受けられない場合もあるので注意してくださいね。

CHECK!

シースリーの自己処理についてもっと知りたい人はこちら▼
シースリーの自己処理はどこまで必要?シェービングや剃り残しの対応を解説!

施術当日はメイクを落とす

ナチュラルメイク程度であれば、シースリーでメイクを落とすことが可能です。しかし、ガッツリメイクをして行くと、キレイにメイクを落とすことができずに顔脱毛の効果が低下するおそれがあります。

特に、UVカット用の化粧下地やファンデーションは脱毛に影響してしまうためつけないようにしましょう。

シースリーは光脱毛なので、毛根に光エネルギーが当たらないと効果を得ることが難しくなります。そのため、脱毛効果を上げるためにも、メイクはあらかじめ落としてから行くほうがおすすめです。

日焼けに注意する

顔脱毛を行う際は、日焼けをしないよう注意をしましょう。脱毛中に日焼けを避ける理由は、大きく分けて2つあります。

  • 肌荒れの原因になりやすい
  • 脱毛のときに痛みを感じやすくなる

紫外線が当たると、お肌は熱を持った状態になります。シースリーでは光脱毛のため、日焼けでダメージを受けたお肌に、熱の刺激を与えてしまうので赤くなるなどの肌荒れの原因になりかねません。

また、肌荒れだけでなくシミや黒ずみの原因になってしまう可能性もあります。

さらに、日焼けをすると紫外線のダメージにより肌が黒くなり、乾燥をしやすい状態に。

そのため、水分が少なくなったお肌は温度が高くなり、光脱毛の熱を感じやすくなるので、痛みを感じやすくなってしまいます。

以上のようなトラブルを防ぐためにも、脱毛中は日焼け止めや日傘をうまく活用して日焼け対策をしっかり行ってくださいね。

CHECK!

脱毛前の注意点についてもっと知りたい人はこちら▼
絶対NG!脱毛前後に気を付けたい「注意点」や「してはいけないこと」

シースリーの顔脱毛に関するQ&A

シースリーの顔脱毛を受ける時に、よくある質問についてご紹介します。

シースリーの顔脱毛後はメイクはできる?

顔脱毛後にメイクをしても問題ありません。

ただし、シースリーでは脱毛後にお肌を冷却するなどのアフターケアは充実していますが、メイク前はクレンジングを行う必要があります。

脱毛直後は毛穴がまだ炎症を起こしている可能性が高いため、時間をおきながらメイクをしましょう。

また、脱毛後はお肌が敏感になっているため、アルコールなどのお肌に刺激を与える成分が入っている化粧品はなるべく使用しないように注意してくださいね。

特にメイクをする必要がないのであれば、肌トラブルを避けるためにも極力メイクはしないほうがおすすめです

顔にホクロがある場合は照射できる?

シースリーの顔脱毛は、顔にホクロがあっても脱毛を行うことが可能です。

しかし、光脱毛はメラニン色素が濃いと反応してしまう可能性が高いため、施術中は保護シールを貼ることが多くなっています。

また、顔にシミがある場合にも、ホクロと同様に保護シールを貼って施術を行うことがあるようです。

他にも、ニキビなどの肌荒れで顔脱毛が行えるか心配な場合は、スタッフに相談してみることをおすすめします。

シースリーでお得に顔脱毛を!

シースリーには顔脱毛のみのプランはありませんが、永久メンテナンス保証がついて、お手頃な価格で通えるので安心です。

脱毛スピードも早く、全店舗のどこでも施術が受けられるので時間がない人や転勤が多い人でも安心して通えるのでおすすめになります。

脱毛をすると、これまで面倒だったムダ毛処理に時間を取られることもなく、露出の高い服装も堂々と着ることが可能です。周りの人と差をつけるためにも、シースリーの顔脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

nasusu
nasusu

instagram


美容系メディアを中心に活動中のwebライター! ライターだけでなく印刷データ作成、ハンドメイド作品の販売など幅広く活動中。 将来の夢は絵本作家とパートナーと独自のブランド・店舗を立ち上げること! 1度しかない人生を後悔なく生きるために、自由気ままに暮らす20代。

関連記事