シースリーの途中解約の方法は?返金やクーリングオフまとめ

脱毛サロン「シースリー」では、クーリングオフが使え、中途解約も可能です。

契約やコースの途中でいつでも解約はできますが、解約をするタイミング、施術の実施の有無などによってその方法、返金額は大きく変わってきます。

それぞれの状況においてのシースリーの解約の方法について、細かく解説していきます。

シースリーの脱毛契約は解約できる?

シースリーでの脱毛の契約は、いつでも解約が可能です。

解約する時のポイントは、解約するタイミングによって、手続き方法や返金金額が異なるところです。

この解約するタイミングによる違いを、ひとつずつ見ていきましょう。

シースリーの契約をクーリングオフする場合

契約から8日以内で、シースリーで一定の条件を満たした脱毛契約をしていれば、クーリングオフの制度が適用されます。

クーリングオフを使えば、無条件で解約ができ、全額が返金されます。

ただし、クーリングオフが使えるのは、契約から8日以内となっているため、クーリングオフを行う場合はこの日数に注意しなければなりません。

シースリーの契約を中途解約する場合

契約から9日以上が経過してしまった場合はクーリングオフが使えないため、中途解約となります。

シースリーでは中途解約することも可能です。しかし全額返金とはなりません。

契約をしてからすぐに何らかの事情で解約する場合は、なるべくクーリングオフを使えるよう早めに決断し、手続きを急ぎましょう。

あらかじめクーリングオフ制度の使用方法を知っておくと、いざという時の手続きがスムーズです。

以下の具体的な使用方法を参考にしてください。

シースリーの契約をクーリングオフをする方法

クーリングオフというのは、一定の条件で、所定の商品やサービスを購入した消費者を守るための法律に基づいた制度です。

そのため脱毛サロンによっての使用方法の違いはありません。

シースリーでは公式HPにきちんとクーリングオフの使用方法を掲載しているため、紹介されている方法の通りに行えば、よりスムーズに事が運ぶでしょう。

公式サイトの下記より詳細が見られます。


引用元:シースリー公式サイト

シースリーでクーリングオフできる条件

シースリーでクーリングオフができる条件は、下記となります。

これは全ての脱毛サロンに適用されるため、覚えておきましょう。

  • 適用期間:契約日から8日以内
  • 契約期間:1ヶ月を越える期間
  • 契約金額:5万円を越える金額

適用期間が過ぎてしまうとクーリングオフが使えません。

また、契約内容が上記以外の場合は元々クーリングオフが適用されません。

そのようなコースを契約する際にはよりよく考えて慎重に行いましょう。

シースリーでクーリングオフをする流れ

シースリーでのクーリングオフをする流れをご紹介します。

  1. 契約から8日以内に、書面で契約解除の旨をシースリー本社に送付する
  2. シースリー側が書面を受領したら、電話番号でのSNSもしくはメールに、受領確認の連絡が入る
CHECK!

シースリーへの書面の郵送先

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-19-9 VCTビル4F
(株)ビューティースリー シースリーお客様相談窓口

シースリーでクーリングオフする時の注意点

シースリーでクーリングオフする際の注意点をいくつかお知らせします。

  • 契約をした日が1日目となります(0日目ではありません)
  • 書面はシースリー本社だけでなく、クレジットカード会社や、ローンを契約した信販会社にも送ることを忘れないでください
  • 書面の書き方はシースリーの公式HPに掲載があるため、こちらを参考にすることをお勧めします(画像1)
  • クーリングオフは書面を発信した時点で効果が発生するため、書面を送るときは簡易書留など、発信した日付を証明できるようにしておくと便利です

(画像1)


引用元:シースリー公式サイト

シースリーで中途解約をする方法

よく考えずに高額プランの契約をしてしまった、もしくは何らかの事情で解約をしなければならない場合、クーリングオフを使用するのがベストな方法です。

でも、9日以上過ぎてしまい、クーリングオフを使用できなくても、シースリーでは中途解約をすることが可能です。

中途解約の方法を細かく順を追って紹介していきます。

公式サイトにある解約フォームから申請する

シースリーの公式サイトにある会員専用のお問い合わせフォームから申請が可能です。こちらであれば24時間いつでも申請できます。

確認が取れ次第、シースリー側からメールもしくは電話で連絡が入り、解約手続きが開始されます。

公式サイトの問い合わせフォームの、「既に会員のお客様」を選びます。


引用元:シースリー公式サイト

解約に関するご相談・お問い合わせに進みます。


引用元:シースリー公式サイト

解約に関する専用フォームに情報を入力していきます。


引用元:シースリー公式サイト


引用元:シースリー公式サイト

解約の理由も聞かれます。


引用元:シースリー公式サイト

契約店舗に予約・来店して手続きを行う

契約している店舗に解約手続きのための予約、来店して、直接解約手続きを行うことができます。

ちょっと勇気のいる方法かもしれませんが、書類などに不備がなければ1回で手続きが完了するので簡単です。

予約の際に確認をし、必要書類や印鑑などを忘れずに持っていきましょう。

コールセンターに電話する

シースリーのコールセンターに電話をして、解約手続きを行うことも可能です。

電話をして解約希望を伝え、再度シースリー側からコールバックを受けて、手続きが行われることになります。

CHECK!

お客様ご相談センター:0120-762-090
受付時間:12:00~21:00
定休日:毎週水曜・第2火曜

シースリーの中途解約した時の返金は?

中途解約の場合はクーリングオフと違い、解約手数料などがかかってくるため、全額返金とはなりません。

ただし、返金額は状況によって異なります。それぞれのケースを見ていきましょう。

シースリーを中途解約した場合は解約手数料がかかる

クーリングオフ以外の全ての中途解約において、どのタイミングにおいても解約手数料がかかります。

解約手数料の計算方法は下記の通りです。

  • 受けていないコース総額の10%にあたる金額
  • 20,000円

この2つを比べて低い金額が解約手数料となります。

もし施術開始前であれば、上記の解約手数料のみとなりますが、施術開始後であれば、受けた回数分の金額が差し引かれます。

消化済みの1回分の金額は、脱毛サロンそれぞれの独自の計算方法となります。

シースリーは他サロンと比べ高額となっているため、消化済みの回数が多いと、返金金額もかなり少なくなってしまいます。

シースリーの解約手数料の返金例

具体的な返金例を計算してみましょう。

例えば東京でシースリーの「永久メンテナンス脱毛し放題コース」を36回払いの月額制で契約した場合、トータル金額は407,638円(税抜)となります。

まだ一度も施術を受けていなければ、

407,638円 x 10% = 40,764円 > 20,000円

となるため、返金額は407,638円 – 20,000円 = 387,638円となります。

しかし、何回か施術を受けている場合は、これに加え1回分の施術代 x 回数分の金額が差し引かれるため、注意しましょう。

シースリーの解約に関する口コミ

実際にシースリーでの脱毛契約を解約した人の口コミを見てみましょう。

Twitterの口コミは辛口の意見が多いようです。

シースリーに限らず、解約の手続きで気持ちの良い思いをすることは、期待しない方が良いかもしれません。

もしクーリングオフや解約の通知をして連絡が無ければ、こちらから積極的に連絡をするよう心がけてください。

シースリーは中途解約の際の1回の施術代が高額なため、返金金額が少なくなってしまうという声はよく見られました。

シースリーの解約に関するQ&A

シースリーの解約に関する疑問にお答えします。

シースリーでクーリングオフした場合も手数料はかかる?

シースリーでクーリングオフした場合は、一切手数料はかからず、全額が返金されます。

シースリーで解約ではなく、休会することはできる?

シースリーには便利な休会制度があり、使用するにあたり特に条件もありません。

もし再開できそうな目処があるのであれば、休会制度を利用する手もあります。

しばらくお休みをしてまた脱毛を再開できる時期になってから、落ち着いて再開することが可能です。

ただし、分割払いにしている場合、支払いは続く事に注意しましょう。

シースリーの中途解約は返金額に注意!

シースリーは一度契約しても、クーリングオフや中途解約の制度によって、契約を破棄することもできます。

だからと言って、高額になることも多い脱毛の契約を気軽に考えてはいけません。

8日以内に書面で通知するクーリングオフ以外は中途解約となるため、解約手数料、消化分の施術代があり、返金額が少なくなってしまう可能性が大です。

脱毛の契約をするのであれば、中途解約をすることが無いように事前に良く検討し、他のサロンやクリニックとも比較しながら、慎重に行いましょう。

また、いざという時のために、クーリングオフの知識はきちんと蓄えてから契約を行うとベターです。

Namy
Namy

instagram


きれいに上手に歳を重ねるにはどうすればよいか色々試行錯誤している、迷えるライターです。 できるだけ自分で聞いて、見て、体験したことを記事にしていきたいと思っています! 日本と海外を行き来しながら情報を様々な情報をお届けします。

関連記事